このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第296回

暗い室内で遊びまわる猫たちをOM-Dで撮る

2013年03月22日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
キャットウォークで遊ぶ猫。ちょうどスポットライトが当たってる場所でオモチャを捕まえてくれたのですかさず撮影(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)
キャットウォークで遊ぶ猫。ちょうどスポットライトが当たってる場所でオモチャを捕まえてくれたのですかさず撮影(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 前回に引き続き、浅草駅から徒歩1分くらいの猫カフェ「きゃらふ」の巻。

 きゃらふには猫オモチャが常備されてて、子猫はどんなオモチャにも派手に反応してくれるので、ついつい撮りたくなる。

 でも、暗めの室内でオモチャと遊んでる猫を撮るのは難易度高し。

 ISO感度はオートにしてシャッタースピード優先で撮るのがいいけど、ISOオートだとあまり感度が上がらないカメラもあるので、その辺は適度なシャッタースピードをキープしつつ連写。

 狙い目はオモチャを捕まえた瞬間。動きが一瞬止まるからね。

 そしてパクッと加えた瞬間をゲット。目に野生が宿っていて真剣。

後ろ足で立ってパクッ。猫は一瞬の動きが速いのでおもちゃを動かす方も大変(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)
後ろ足で立ってパクッ。猫は一瞬の動きが速いのでおもちゃを動かす方も大変(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 こんな感じで床の猫と遊んでたら、上の方で声がする。ん? と見上げると、壁際にキャットウォーク発見。猫用の棚があってそこで「フランフラン」がくつろいでいたのだ。

猫は高いところが好き。立体的に動き回るのが楽しい(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)
猫は高いところが好き。立体的に動き回るのが楽しい(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 フランフランにオモチャを見せようとすると、すかさず飛び乗ってきたのが白黒の「コンラン」。フランフランと遊ぼうと思ったのに、いきなり横取りされたのだ。猫の仁義なき抗争……ちょっとでものんびりしたらやられます。おそろしや。

 こういう写真はひとりだと撮れないので、猫好きの友達と一緒に行くのがお勧めです。

普通はなかなか見られないアングルが面白くて見上げて撮ってみた(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)
普通はなかなか見られないアングルが面白くて見上げて撮ってみた(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 猫たちがオモチャに気を取られて身を乗り出すのが面白くて、真下のソファーから撮ってみた。思い切りはみ出てる。

 その場所を生かした写真を撮る。これは結構ポイント。猫カフェは猫が動き回れるよういろいろ工夫してあるから、近寄ってアップで撮るのもいいけど、ちょっと遠くから遊んでる様子を撮るのも忘れずに。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART