このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

発売直前 ここだけ覚えるWindows 8使いこなし術 特集 ― 第1回

Windows 8はどうやって使う? UI&操作の基本をチェック

2012年10月22日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 8のユーザーインターフェイス(UI)は、Windows 7から大きく変化した。最大の特徴はそのUIだ。伝統の「スタート」メニューがなくなり、アプリのアイコンが「タイル」として並んだ「スタート」画面が、すべての操作のベースとなる。

 初期ビルドの頃から名称として定着していた「Metroスタイル」は、諸般の事情によって使えなくなり、今では「Modern UIスタイル」「Windows 8スタイル」などと呼ばれているこのUIは、タッチパネルを使ったタッチ操作が重視されている。本特集では、Windows 8の導入前に知っておきたい基本操作や使いこなしのコツについて解説していく。

 なお、ここではタッチ操作を基本的な操作方法として解説し、マウスによる操作はその都度併記することとする。

Windows 8の基本操作

 Windows 8の操作起点であるスタート画面。そこに並ぶアプリアイコンは、タイルと呼ばれる。Windows 8を使い始めた当初はこのスタイルに戸惑うかもしれないが、しばらく操作していると慣れる。スタートメニューが1画面になったと思えばいい話だ。まず、スタート画面で使う基本操作を以下に挙げていこう。

Windows 8のタッチ基本動作

アプリの起動
 各タイルをタップすると、アプリが起動する。マウス操作の場合はタイルをシングルクリックする。

タイルのタップでアプリが起動する

タイルのサイズ変更、削除
 タイルを下方向にスライドすると、画面下にメニューが表示される。そのメニューから操作を選択し、「小さくする」でタイルのサイズを変更したり(サイズ変更できるのはデフォルトで大きいタイルのみ)、「スタート画面からピン留めを外す」ことによって、スタート画面から非表示にできる。マウス操作ではタイルを右クリックする。

表示されるメニューからアプリ、タイルに関する操作を行なえる(赤枠内の「天気」を操作中)。「アンインストール」を選択すれば、アプリのアンインストールも可能

タイルの移動
 タイルを下方向にスライドしてしばらく保持すると、タイルを「ドラッグ」可能になる。ドラッグ操作によってタイルを移動できる。マウス操作ではタイルをドラッグする。

タイルの移動はドラッグで可能 (赤枠内の「ミュージック」を移動中)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART