このページの本文へ

4時間再生可能なモバイルバッテリーなど5製品

人気プロジェクターQUMIに待望の周辺機器が登場!

2012年09月26日 19時30分更新

文● 糸井ウナム/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アドトロンテクノロジーは9月24日、LEDを光源としたモバイルプロジェクター「QUMI」の純正アクセサリー5製品を発表した。9月から10月にかけて順次発売される。

 発表されたのは、QUMI専用モバイルバッテリー「QB-180K-B」及び「QB-180K-W」、有線接続スピーカー「QUMI Speaker 5W」、Bluetooth接続スピーカー「QUMI Bluetooth Speaker 10W」、そしてQUMI 専用ポーチ「QMPH-001」の5製品。

 発売日はQB-180K-B、QB-180K-W、QUMI Bluetooth Speaker 10W、QMPH-001が9月25日。QUMI Speaker 5Wが10月下旬の予定。

(左から)「QB-180K」「QUMI Speaker 5W」「QUMI Bluetooth Speaker 10W」QUMI本体とQUMI Speaker 5Wを収納した専用ポーチ「QMPH-001」

 QB-180K-B、QB-180K-WはQUMI専用モバイルバッテリー。容量は1万8000mAh(3.7V)で駆動時間はノーマルモード(QUMI Q2では300ルーメン)が1.5時間、エコモード(QUMI Q2では50ルーメン)では4時間となっている。サイズは約幅181×奥行き110×高さ20mm/重さ515g。カラーはブラック(QB-180K-B)とホワイト(QB-180K-W)の2色。価格は各1万7800円。

QB-180K-BQB-180K-W

 QUMI Speaker 5WとQUMI Bluetooth Speaker 10Wは、QUMIのサウンド面を補完する専用スピーカー。本体下部に接触している対象物を振動板にすることで迫力のある音を再現する振動スピーカーを採用している。

 バッテリーを内蔵し、アダプターなしでも使用することが可能。バッテリー駆動時間はQUMI Speaker 5Wが最大6時間、QUMI Bluetooth Speaker 10Wが最大7時間となっている。

 なお、QUMI Bluetooth Speaker 10Wは、iPhoneなどのBluetooth搭載デバイスから、QUMIを経由せずワイヤレススピーカーとしても使用できる。また、ハンズフリーマイクスピーカーとして使うことも可能。価格はQUMI Speaker 5Wが4480円、QUMI Bluetooth Speaker 10Wが7980円。

QUMI Speaker 5W
QUMI Bluetooth Speaker 10W

 QMPH-001は、QUMIの専用ポーチで、QUMI本体以外にACアダプター、HDMIケーブル、そして別売のQUMI Speaker 5Wを同時に収納できる。価格は1980円。

QMPH-001

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART