このページの本文へ

いま、最もアツい対戦アクションゲーム!

「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」を公式ニコ生で実況プレイ!

2011年12月05日 18時00分更新

文● 荒木賢一朗(電撃の編集者)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アーケードで第1作が稼働してから10周年を迎えるアクションゲームの「ガンダムVS.」シリーズ。その最新作である「機動戦士ガンダム EXTREME VS.(以下、EXTREME VS.)」のPS3版が12月1日に発売された。今、最も盛り上がっているといっても過言ではない本作の発売を記念して、“ゲームの電撃チャンネル”が12月6日の21時からニコニコ生放送で“公式の実況プレイ”を実施!

 「EXTREME VS.」は現在もアーケードで稼働中で、特に“濃い”ゲーマーたちから人気を集めているタイトルだ。本作の見どころを挙げ始めたらキリはないが、特筆すべきはタッグバトル制による「協力・対戦」と「作品の枠を超えたモビルスーツの参戦」の2つだろう。

 本作の協力・対戦プレイは「チームバトルアクション」と銘打たれているとおり、2人1組となってチームを編成して戦う。バトルの勝敗はチームメンバーの2人で共有する「戦力ゲージ」で決まり、これがゼロになったチームが敗北となる。そのため、自分が操作するモビルスーツはもちろん、仲間のモビルスーツも撃破されないようにお互いを援護しながら敵チームのモビルスーツの撃破を狙っていくのが重要だ。
 本作の人気の秘訣は、そんな奥深いバトルをさまざまな「ガンダム」作品に登場するモビルスーツによって楽しめること。例えば、「機動戦士ガンダム」のガンダムと「機動戦士ガンダムUC」のユニコーンガンダムがタッグを組んで戦場を駆けめぐる……といった“ありえない”シチュエーションを作ることも可能なのだ。また、各モビルスーツに搭乗するパイロットのボイスが収録されているので、戦闘中に名言が飛び交うところもファンにとってはたまらない要素といえる。

 PS3版の「EXTREME VS.」では、ネットワークを通じて気軽に協力・対戦プレイを行なうことができる。番組中では、この機能を利用して、番組出演者と視聴者が対戦するコーナーを予定している。番組出演者は、大のゲームファンであり、「EXTREME VS.」のプレイヤーでもある椿姫彩菜さんをはじめ、本作の開発を手がけるバンダイナムコゲームスの馬場さん、赤塚さん、石田さんの3名が登場予定。“「EXTREME VS.」愛”にあふれるみなさんが、電撃PlayStationの西岡編集長とともに“ガチ”で視聴者と対戦を繰り広げていくのでお楽しみに!

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社