このページの本文へ

iPhone 4に残った月月割も適用される!

4Sに機種変して余ったiPhone 4用に月0円からのお得プラン

2011年11月28日 16時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone 4Sへの機種変更で余ったiPhone 4をホワイトプラン用の電話として親に渡すのに最適?

 ソフトバンクモバイルは、iPhone 4からiPhone 4Sに機種変更したユーザー向けの新プラン「iPhone家族無料キャンペーン」を12月1日~2012年1月31日の期間で実施する。

 この「iPhone家族無料キャンペーン」の特長は、iPhone 4Sに機種変更後に余ってしまうiPhone 4を家族などが使えるようにするべく、SIMカード単体のみの契約を格安で提供するものだ。

 iPhone家族無料キャンペーンには、パケット定額サービスが2段階制の「ゼロから定額」と定額制の「パケットし放題フラット」がある。

 まず、基本プランとなる「ホワイトプラン(i)」はともに2年間無料(ホワイトプラン(i)は2年契約が前提で、更新月以外の解約は9975円の契約解除料が必要)。

 2台目のiPhone 4は通話が主体という人は「ゼロから定額」がお得で、前述のホワイトプラン(i)により、1~21時までのソフトバンク間通話が無料になるほか、パケット定額料は月0~4980円(100MBまで無料で、以降1パケットあたり0.0525円)、ウェブ基本使用料も100MBまでは無料だ(それ以降は315円)。つまり、iPhone 4を一括で購入していて、パケットをほとんど使わないのであれば(もしくは通信する際は無線LANのみならば)、月0円~で利用可能な計算となる。

 一方、定額制の「パケットし放題フラット」はパケット通信料は月4410円で、ウェブ基本使用料は315円。

iPhone 4に残された月月割は新規契約分に適用
すでに機種変更してしまった人でも大丈夫

 なお、iPhone 4に残された月月割は、この「iPhone家族無料キャンペーン」で新規契約する回線に受け継がれるのもポイントである。この月月割は、12月1日以降に新たにiPhone 4からiPhone 4Sに機種変更する場合はもちろん、10~11月にすでに機種変更している人が、「iPhone家族無料キャンペーン」を利用して、iPhone 4分のSIMカードを新規契約した場合も「(残り月数分が)適用される」(ソフトバンクモバイル広報部)とのことだ。

 適用条件としては、iPhone 4からiPhone 4Sに機種変更することとともに、「契約時にiPhone 4を持参し、同一名義かつ同一請求先で新規契約し、ホワイトプラン(i)に加入すること」、また機種変更した(ソフトバンク版の)iPhone 4Sの回線については「1年または2年契約のプランに加入すること」が必要となる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中