このページの本文へ

基本プランはこれまでと同等

ソフトバンクも16GB版は実質0円 さらにiPad 2も基本料0円

2011年10月07日 13時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、iPhone 4Sに関する記者会見を現在開催している。詳細は後ほど掲載予定だが、予約を本日16時から受け付けることに言及した。

ソフトバンクも16GBモデルは実質0円

 料金プランについては現在から変更無し。1~21時までの間、ソフトバンク宛の音声通話が無料になる「ホワイトプラン(i)」が月980円。定額制のパケット料金プラン「パケットし放題フラット」が月4410円。これとは別にプロバイダー利用料「S!ベーシックパック(i)」が月315円必要。

 実質的な端末代金は、上記の組み合わせで用いられる「バリュープログラム(i)」の利用時の価格がリリース内に提示されている。契約2ヵ月目以降、最大24回適用される「月月割」の利用時に16GBモデルが0円、32GBモデルが月480円(480円×24=1万1520円)、64GB版が月880円(880円×24=2万1120円)であるとする。

 これを合計すると、以下のような内容になる。

●iPhone 4S 16GBモデルを割賦払いで購入時の月額料金
980円(ホワイトプラン(i))
+315円(S!ベーシックパック(i))
+4410円(パケットし放題フラット)
+0円(端末割賦代金-月月割)
5705円

 なお、32GBモデルを選択すると480円のプラスで月6185円、64GBモデルでは880円のプラスで月6585円、という計算。auのiPhone 4Sはそれぞれ月6275円月6705円月7135円なので、ネットワークの違いもあるが、いずれも若干安価という計算になる。

ソフトバンク版iPhoneを使っていると
3G版「iPad 2」が基本料月0円~で利用できる

 また11月30日までの間、「アレ コレ ソレ キャンペーン」「実質無償機種変更キャンペーン」と題するキャンペーンを展開する。

 まずアレ コレ ソレ キャンペーンは、ソフトバンクのiPhoneを購入または所有していると、Wi-Fi+3G版のiPad 2を基本利用料が月0円から利用できるというもの。この2回線目となるiPad 2は「(iPad専用)ゼロから定額プラン」に加入でき、パケット代金は0~4980円。ただし、100MBまでは無料で以降0.0525円/パケット。また本来は月315円必要な「ウェブ基本使用料」も100MBまで無料。

 割賦購入時の本体代金はWi-Fi+3G版の16GBモデルで月1860円だが、月月割が月1860円適用される。ただし、月月割は割賦の端末代金には適用されないので、最低月1860円の支払いは必要となる。さらに2回線目のiPad 2の契約事務手数料とユニバーサルサービス料も無料。


当初月月割の適用で、実質0円でiPad 2が利用できるという記載をしておりましたが、これは間違いです。正しくは上記のように、最低月1860円は必要となります。以上、関係者の方々ならびに読者のみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫びし、訂正させていただきます。

 なお、iPhoneの新規加入または機種変更と同時にiPad 2の新規加入をする場合のほかに、すでにソフトバンク版のiPhone契約しているユーザーもキャンペーン期間中にiPad 2を新規加入することで同様に適用される。

 「実質無償機種変更キャンペーン」は、現在iPhone 3G/3GSを利用しており、分割支払金が残っているユーザーが対象。これらのユーザーがキャンペーン期間中にiPhone 4/4Sに機種変更し、「ホワイトプラン(i)に加入する」「新スーパーボーナス用販売価格で機種変更する」という加入条件を満たした場合、残りの分割支払金と同等の金額が毎月の基本使用料/通信料から割り引かれる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中