このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第208回

ISO感度に注意! 夏の夜の猫探し

2011年07月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フェンス越しに突然現われた猫。びっくり顔しているけど、実はこっちも予想外の至近距離登場に驚いて、ちょっとブレてしまった(2011年7月 ソニー NEX-5)
フェンス越しに突然現われた猫。びっくり顔しているけど、実はこっちも予想外の至近距離登場に驚いて、ちょっとブレてしまった(2011年7月 ソニー NEX-5)

 Twitterをしていたら、フォロワーの方がたまたま猫がいる公園について教えてくれて、それがたまたま自転車で行ける範囲で、なおかつたまたま作例を撮りに出かけようという日だったので、早速行ってみたのである。

 夏の猫を撮るときの注意は……熱中症にならないこと。真っ昼間の暑い時間はたいてい人の目が届かない日陰を見つけて昼寝してるので、無理に探し回るとこっちが倒れます。

 だから、夕方まではのんびりしようと自転車で散策していたら……駐車場をとことこと歩いている猫発見。いるときはいるもんですな。

 でも、こちらに気がつくとつつつーっと塀に飛び乗って、安全圏まで逃れてから振り返るという憎い奴。

塀の上をつつつっと逃げて、ここなら大丈夫だろうと振り返ってみた瞬間を(2011年7月 ソニー NEX-5)塀の上をつつつっと逃げて、ここなら大丈夫だろうと振り返ってみた瞬間を(2011年7月 ソニー NEX-5)

 特に、口の周りの白いわっかがよい味を出してる。

 こういう時の撮影ポイントは「露出」。背景は日差しがあたって明るいけど、肝心の猫は日陰で暗い。そんな時はとっさに露出補正をかける。上の写真、+1.7と大幅なプラス補正をして撮ってるのだ。

 夏の猫はだいたい16時過ぎから顔を出しはじめる。16時40分、ふらりと道ばたに出てきたふてぶてしいヤツを発見。道ばたの草をはみながら、悠々と歩いてるので道の反対側から声をかけてみたら、こっちをじろりと見てくれた。

見かけはワイルドだけど、逃げずに撫でさせてくれました(2011年7月 ソニー NEX-5)見かけはワイルドだけど、逃げずに撫でさせてくれました(2011年7月 ソニー NEX-5)

 かなりワイルドなヤツだけど、人をあまり恐れない猫でありました。近づいても意に介さず再び悠々と歩いて行きましたとさ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART