このページの本文へ

Windows Server 2008 R2およびWindows 7に対応

「Oracle Database 11g Release 2」が最新Windowsに対応

2010年04月21日 07時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月20日、日本オラクルは、最新版データベース「Oracle Database 11g Release 2」のWindows Server 2008 R2およびWindows 7対応を発表した。

「Oracle Database 11g Release 2」

 対応版となる「Oracle Database 11g Release 2 for 32-bit Windows」および「Oracle Database 11g Release 2 for Windows x64」は5月18日より出荷開始される。

 また、出荷に先立ち、ユーザーおよびパートナー企業が「Oracle Database 11g Release 2」をすぐに活用できるよう、早期検証プログラムを実施する。早期検証プログラムは以下の通り。

ソフトウェアの完全版と開発ライセンスの提供
 「Oracle Technology Network」より、Windows Server 2008 R2とWindows 7に対応した「Oracle Database 11g Release 2」ソフトウェアの完全版を無償でダウンロード。ダウンロードしたソフトウェアには自己学習、アプリケーション開発と試作を目的とした開発ライセンスが提供される
技術者育成および技術情報提供の強化
 技術者を対象にしたセミナー、ハンズオントレーニング、インターネットセミナーを実施。また、特設サイトを開設し、Windowsプラットフォームに特化した技術情報を提供する

 対応OSはWindows Server 2003/2003 R2、Windows Server 2008/2008 R2、Windows XP、Windows Vista、Windows 7など(64ビット版にも対応)。価格は以下の通り。

「Oracle Database 11g Enterprise Edition」
Processorライセンス価格 542万1150円
Named Userライセンス価格 10万8465円
「Oracle Database 11g Standard Edition」
Processorライセンス価格 199万7310円
Named Userライセンス価格 3万9900円
「Oracle Database 11g Standard Edition One」
Processorライセンス価格 66万1920円
Named Userライセンス価格 2万580円

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ