このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ ― 第18回

JSで超ド派手なアニメが作れる「UIZE Framework」入門

2009年11月02日 11時00分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は「古籏一浩のJavaScriptラボ」の第18回です。過去の記事も合わせてご覧ください。

uize image

特殊効果機能が満載の「UIZE JavaScript Framework」

 「UIZE JavaScript Framework」(以下、UIZE Framework)が今回のJavaScriptラボのテーマです。UIZE Frameworkは、エフェクト/アニメーション表現に特徴を持つJavaScript/Ajaxフレームワークで、公式サイトには見慣れない特殊効果を使った派手なスライドショーや、写真を組みあわせたアニメーション付きのグラフなど、目を引くサンプルが多数紹介されています。その表現力の高さはJavaScriptとは思えないほどで、従来のJavaScriptライブラリーやフレームワークとは一線を画しています。

fig1-1-3
UIZE JavaScript Frameworkのサンプル。魅力的なデモがたくさん

 この連載では過去にJavaScript/Ajaxフレームワーク「Ext JS」と「YUI(Yahoo! UI Library)」を取り上げました(関連記事)。UIZE Frameworkは、Prototype.jsやjQueryよりは高機能ですが、Ext JSやYUIなどの巨大なフレームワークよりは小さく、両者の中間くらいに位置づけられます。どちらかというと、アニメーションやエフェクトに特化したライブラリー「MooTools」に近いかもしれません。

 UIZE Frameworkには多くのサンプルコードが用意されており、ドキュメントもしっかり整備されています。その割には実際に使っているWebページやサイトはほとんどないようです。そこで今回から3回に渡って、簡単なサンプルを作成しながら、UIZE Frameworkの使い方を紹介しましょう。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング