このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第120回

自転車に乗って都内猫めぐり

2009年09月25日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
人慣れした猫。すぐ横に自転車が止まっても気にせずひと伸び(2009年9月 ニコン D90)

 先日、都内某所で赤ちゃんを撮影する仕事があったのである。日曜日だし、朝からの撮影だから午後早くには終わるだろうし、見知らぬ土地だったので、撮影後にあれこれ散歩しようと折りたたみ自転車を持っていったのである。

 自転車を折りたたんで袋に入れれば電車に持ち込める。現地に着いたらそれを自転車に戻し、待ち合わせ場所へ走るのだ。

 ひと仕事終わったら、そのまま自転車で面白そうな場所を回り、日が暮れたら電車に乗って帰宅。歩くよりいろんなところを回れて楽しい贅沢な時間なのである。カメラを一式背負って走るとけっこう疲れるのだが、それはそれということで。

 そんな風にふらふら走っては公園や遺跡や神社に立ち寄っていると、ふと視界の隅を猫が横切る。そうなったら撮影兼休憩タイムである。

 最初は北区にある飛鳥山公園。猫を見つけるとおどかさないよう数メートル手前で自転車を降り、そっと近づいてみる……って、そしたらとことこと寄って来るではないか。人に慣れすぎ。

 すぐ目の前でうんしょと伸びをしたので、すかさずしゃがんでローアングル。近かったので広角で(冒頭の写真)。

 この猫、なんだか人間が好きなようで、見知らぬ人にいきなり撫でられても平然としているのであった。

 人に慣れてない猫は夕方にあらわれる。昼間は隠れてるか寝てるのだ。神社を撮影しつつ境内を散歩してると、低木の陰に猫の姿が。

常にこちらと距離を適度においてにらんでた猫。うなりながら爪を研いでる姿がなかなかよい(2009年9月 ニコン D90)
常にこちらと距離を適度においてにらんでた猫。うなりながら爪を研いでる姿がなかなかよい(2009年9月 ニコン D90)

 こっちを警戒しつつ、でも逃げるでもなく、「餌をくれるなら食べてやるけど、そうじゃないなら近寄るな」って顔でうなってる。うなりっぷりがカッコいいので思わず撮影。キリっとしたイイ猫である。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART