このページの本文へ

ネット集客、「SEO」より使われている手法は?

2009年05月14日 15時27分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 矢野経済研究所は、WEBサイト展開企業に対して集客・販促戦略についてアンケート調査を実施し、結果を発表した。

WEBサイトの集客方法ランキング、1位は「アフィリエイト」WEBサイトの集客方法ランキング、1位は「アフィリエイト」

 WEBサイトの集客方法は、「アフィリエイト」が最も多く、次いで「SEO」「自然なクチコミを発生させるため、商品力やサービスレベルの向上に努める」、「リスティング広告」と続いた。多くの企業は上記の集客方法に加えて複数の集客・販促手法を組み合わせて利用している。「アフィリエイト」や「SEM」を主軸に、さまざまな集客手法が併用されているよう。

 また、SEO、リスティング広告ともに、具体的な商品名などの「スモールキーワードを重視するサイト」が最も多く、SEM実施企業65社のうち、SEOでは44社、リスティング広告では41社が占めた。

 この調査結果から、今後も「SEM」や「アフィリエイト」を中心とした集客方法を引き続き採用することがうかがえた。今後の戦略としては、広告に依存しない集客手法として、「ユーザーに自発的に検索してもらう手法」が指向され、「間接的な集客方法」が重要であると分析している。

【関連サイト】

【記事提供】

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法 4
  2. ブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版を公開 3
  3. マイクロソフト、ユーザー行動分析ツール「Clarity」を公開 2
  4. 米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース 0
  5. Googleレンズが強化、10億点以上を識別可能に 0
  6. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  7. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  8. Google社員がSEOの質問に答える AMA with Google Search SMX West 2017 15
  9. アイコンだけでダウンロード数が34%アップ!実例に見るA/Bテスト成功の秘策 14
  10. Nodeベースの次世代CMS「KeystoneJS」はWordPressの代わりになるか? 12
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く