このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「さくらのレンタルサーバ」で編集部が実践!

猫写真だらけのかわいいWebサイトを作ってみた!

2009年01月16日 14時05分更新

文● ASCII.jp

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
猫連載の画像
毎回かわいい猫写真が満載の「這いつくばって猫に近づけ」。せっかくなら写真だけをじっくり鑑賞できたらいいのに……

かわいい猫たちの写真を思う存分眺めていたい!

 「『かふか』、かわいいなぁ」。思わずうっとり、見とれてしまう。視線の先のディスプレイに映るのは、ASCII.jpの人気連載「這いつくばって猫に近づけ」である。「かふか」とは連載の著者である猫写真家・荻窪 圭さんの飼い猫(子猫)の名前だ。年初めの何かと慌ただしいこの時期、筆者の心を癒してくれるのは何といってもこの猫なのである。

 ところがこの連載記事、せっかく猫の写真が毎回たくさん載っているのに、写真だけ連続して眺めることができない(まあ、読み物連載なので当然といえば当然だ)。もっと愛らしい猫たちの写真を一度にじっくり、心ゆくまで眺めていたい。そんな仕組みを作れば、筆者だけでなく、きっと読者のみなさんの心もホッと癒されるに違いないのに。

 ――こうして始まったのが、「猫写真」だけをひたすら堪能できる写真ギャラリー風のWebサイトを作ってしまおう、という企画である。


WordPressで作る猫ギャラリーサイト

 さて、猫のWebサイトを作ると決めたはいいが、具体的に何でどう作るか。そもそも、ただ写真をWebに載せるだけなら、オンライン写真共有サービスを利用する手もある。でもせっかくやるなら、サイト全体の見た目もかわいらしい、オリジナルのデザインにしたいというもの。かといって、HTMLを1ページずつ書いてアップして……というのでは永遠に完成しそうにないし、手間がかかりすぎて更新が億劫になり、気がつくとすっかり放置されたまま……なんてことになりそうな気がする。

 少し考えた末、今回は「WordPress」を使ってWebサイトを立ち上げることにした。WordPressはサーバへインストールするオープンソースのブログソフトで、海外では圧倒的なユーザー数を誇る人気ツールだ。出自はブログツールとはいえ、CMS(Content Management System)的に使える機能も充実していて、画像のアップロードや管理にも強い。もちろんデフォルトでは単なる“ブログサイト”にしかならないのだが、WordPressには世界中のユーザーが作ったプラグインやテーマ(デザインテンプレート)が山ほどある。それらをうまく組み合わせれば、ギャラリーサイトもラクに作れるはず――という寸法だ。

猫連載の画像
海外を中心に圧倒的な人気のブログツール「WordPress」。今回のギャラリーサイトはこれで構築することに決定だ!

ツールは決まった!……あれ、肝心のサーバは?

 ツールも決まったことだし、あとはガシガシ作るだけ! と言いたいところだが、ひとつ肝心なことを忘れていた。WordPressのプログラムや大事な猫の写真を預ける“箱”である、公開用サーバの手配である。もちろん、すでに会社で借りているサーバもあるのだが、今回のギャラリーサイトのようにちょっと実験的なWebサイトの構築を考えると、手軽で使い勝手のいいホスティングサービスを利用したいところだ。

 WordPress(最新版の2.7の場合)を動かすための要件は、「PHP 4.3以上」「MySQL 4.0以上」をサポートすることとなっていて、近ごろの共有ホスティングサービスならまぁ大概大丈夫だろう。となると、ユーザーとしては数ある選択肢(ホスティングサービス)の中から、なるべく安価で、ディスク容量が大きくて、かつ信頼性の高いお得なサービスを選びたい。

 そこで編集部が選んだのが、さくらインターネットが提供する「さくらのレンタルサーバ」の「スタンダードプラン」だ。月額500円という我々庶民のランチ1回分の低料金でありながらも、ディスク容量は3GBメールアドレスは無制限(メーリングリストは最大10個)と余裕のあるスペックで、PHPやMySQLといったWordPressの動作に必要な環境も備えている。しかも、この価格帯では珍しい電話サポート(通話料無料)が付いていたり、初心者にも分かりやすいオンラインヘルプが整っていたりと、サポートもしっかり充実しているのだ。

さくらインターネット
さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバ」。充実したサービス内容と大容量・低価格が受けている個人向けの人気サービスだ。ちなみに、企業などの法人向けサービス「さくらのレンタルサーバ・ビジネス」もある

 実はうれしいことに、昨年11月にサービスメニューが改定され、ディスク容量が大幅に増量されている(関連記事)。現在3GBのスタンダードプランの場合、以前は1GB/500円だったことを考えると、一気に3倍ものアップである(料金は据え置き)。3GBといえば、1枚100KB程度のJPEG画像をざっと3万枚置けることになる計算だ。もちろん実際には、画像のほかにもプログラムやHTMLなどの容量も気にしなければならないが、いずれにしても大量の画像を扱うWebサイトが作れる、という点は確か。今回の猫ギャラリーサイトの立ち上げにはまさにピッタリ、というわけだ。

月額125円~!3つのプランが選べる「さくらのレンタルサーバ」

 「さくらのレンタルサーバ」は今回選択した「スタンダードプラン」のほか、「ライトプラン」「プレミアムプラン」の計3つの個人向けプラン、それに法人向けの「さくらのレンタルサーバ・ビジネス」もある。「ライトプラン」(ディスク容量500MB)はPHPやMySQLこそ使えないが、月額125円という格安な料金が魅力。一方の「プレミアムプラン」は、月額1500円で10GBもの大容量ディスクが利用できるのが特徴だ。たとえば、HTMLによるシンプルなホームページを作る場合はひとまずライトプランで、逆に当初から大量の画像や動画を扱う予定があるならプレミアムプランで、といった具合に用途に応じて検討するといいだろう。

さくらインターネット
さくらインターネットのWebサイトには詳細なスペック表があり、利用できる機能やプログラミング言語などが公開されている(上の画像はその一部)。プランを選択する際の検討材料にしよう

前へ 1 2 3 次へ