このページの本文へ

工人舎、EeePCより軽い798gの超ミニノートを発表

2008年06月24日 00時00分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SC3KP06A」
「SC3KP06A」 カラーバリエーションは黒と白の2色展開

 低価格&軽量コンパクトで知られる工人舎のノートパソコンに、新たなラインナップ「KOHJINSHA SC」シリーズが登場した。SCシリーズは、幅189mm×奥行き155mm×高さ33mmとA5サイズ以下の超コンパクトサイズと、インテルのモバイルデバイス向け最 新CPU Atomを搭載するのが特徴だ。

 スペック面で注目の点は以下の通り。

  • 低消費電力版のAtom Z520(1.33GHz)搭載
  • タッチパネル付き7インチワイド(1024×600ドット)液晶ディスプレー
  • 重量798g
  •  
  • 3.2時間のバッテリー駆動時間
  • 価格は8万9800円から

 今回のSCシリーズは「携帯性をギリギリまで高めつつも、スペック面でも妥協をしなかった」という、工人舎の意欲作。ライバル機のEeePCより小型軽量な作りでありながら、ディスプレー解像度は1024×600ドット、CPUはAtom Z520(1.33GHz)、1GBメモリー、60GB HDDを搭載する。この価格帯でワンセグチューナーを搭載するのも注目だ。光学式ドライブは非搭載で、OSはWindows Vista Home Premium。

かなり小さくて軽い キーピッチは14.2mmと狭いが、配列はオーソドックス
手のひらサイズとまではいかないものの、持った印象はとにかく小さくて軽いキーピッチは14.2mmと狭いが、配列はオーソドックス

 無線機能はIEEE 802.11 b/gを搭載。この手のミニノートとしては珍しく、ExpressCard/34スロットを装備するので、屋外ではイー・モバイルなどのデータ通信カードも使用できる。このほかのインターフェースとして、3in1メディアカードスロット(SDメモリーカード/MMC/メモリースティック)、USB 2.0×2、アナログRGB出力などを搭載する。

 さらに上位モデルはGPSユニットを内蔵し、カーナビなどとして使用することも可能だ。

GPSユニット 地図ソフトは簡素
GPS利用時は、GPSユニット(アンテナ部分)を引き出して利用する付属の地図ソフト。建物や道の表示は一昔前のカーナビのように簡素なもの

 バッテリー駆動時間は、標準バッテリーで約3.2時間。オプションのラージバッテリーで約6.4時間となる。

ACアダプターはノートパソコンとしてはかなり小さく、携帯性に優れている

 価格は標準モデルの「SC3KP06A」が8万9800円。Office搭載モデルが10万9800円。GPSユニット搭載モデルが9万9800円となる。発売は7月上旬の予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART