このページの本文へ

バーチャルの友達とリアルでトーク

SUNとリンク、Second Lifeのユーザー同士でケータイ通話を可能に

2008年03月27日 23時05分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)SUNと(株)リンクは27日、オンライン3D仮想世界「Second Life」のユーザー同士で、携帯電話機を使った通話を可能にするウェブ電話「アバターケータイ」(仮称)を共同開発し、5月からサービスを開始すると発表した。

 このサービスはアバターケータイのユーザーに050から始まる電話番号を割り当て、実際の携帯電話機からその番号にかけると、相手の携帯電話機に転送され、直接通話ができるというもの。

 また、通話に利用するウェブ電話のサーバーが、発信側と着信側の両方に発信するシステムなので、自分の番号を通知することなく通話することもできる

 なお、利用料などは未定だが、支払いはSecond Life内で流通している仮想通貨「リンデンドル」が採用される予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART