このページの本文へ

日本のMac市場を24年に渡りリードしてきた老舗ソフトハウスに幕

エルゴソフト、Mac用パッケージソフト事業を終了

2008年01月28日 20時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エルゴソフトは28日、同日をもってパッケージソフト事業を終了することを発表した。現在発売されている日本語ワープロソフト「egword Universal 2」「egword Universal 2 solo」と、日本語入力システム「egbridge Universal 2」の3製品が同社の最終製品となる格好だ。

今後のサポートについては、ホームページ上で同社がユーザーからの質問に答えたり、ユーザー同士で情報を共有できる「オンライン・ユーザーサポート」を'09年1月31日まで継続する。対象となる製品は、「egword Universal 2」「egword Universal 2 solo」「egword Universal」「EGWORD バージョン11〜14」「EGWORD PURE バージョン6〜9」「egbridge Universal 2」「egbridge Universal」「EGBRIDGE バージョン12〜15」で、対象OSはMac OS X 10.0〜10.5.1。なお、これ以前の製品のサポートおよび電話によるサポート事業は'07年12月28日で終了しているが、同社のQ&Aサイトにてサポート情報は閲覧可能だ。

ニュースリリース 同社のトップページには、販売終了の理由などが掲載されている

エルゴソフトは、初代Mac「Macintosh 128k」が発売された'84年に設立。日本語入力環境がなかった当時に、日本語入力システムとワープロ機能を統合した「EGWORD」を開発し、国内における日本語入力環境の実現や、Macの普及に多大な貢献を果たした。その後も、CPUやOSの変更に迅速に対応し、ユーザー第一の姿勢でソフトを開発。Windows用ソフトをリリースしたこともあったが、最近は特にMac分野に特化し、より美しい日本語の文書を作れるワープロソフト「egword」シリーズは、(財)日本産業デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」においてたびたび入賞を果たした。

パッケージソフト事業終了の理由について、同社代表取締役社長の松原健二氏はニュースリリースの中で、「Mac OS Xにおける日本語環境の成熟などから、パッケージソフト事業を終了する時期であると判断するに至りました」とコメントしている。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中