このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MacBook Pro専用のワンセグチューナー

【レビュー】VGA-TV1S2M

2007年07月07日 01時00分更新

文● 高橋敦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最近ではMac対応のワンセグ視聴アイテムも数が揃ってきた。今回、紹介するサンワサプライ(株)の『VGA-TV1S2M』もそのひとつ。汎用性の高いUSBを採用する製品が多い中、ExpressCard型となっているのが特徴的だ。

VGA-TV1S2M ExpressCard34/54に差して使う『VGA-TV1S2M』。対応OSはMac OS X 10.4以上

現状、MacでExpressCardスロットを備えているのはMacBook Proのみなので、間口の狭さは否めない。しかしその反面、MacBook Proユーザーには訴えかけるものが大きい製品と言えよう。レビューをまとめると、以下の3点になる。

  • 3種類のアンテナを用意。ワンセグ波の届かないところで、テレビ端子にケーブルをつないで見られる“F型アンテナ変換ケーブル”もある
  • 試聴時/録画時ともにCPU使用率が低いため、“ながら見”も快適
  • ソフトの機能やヘルプが不足しているため、録画予約や録った番組の再生があまり快適に行なえない



アンテナの使い分けがポイント


まずはハードウェアからチェックしていこう。パッケージ内容は、ExpressCard本体、ショートアンテナ、ロングアンテナ、F型アンテナ変換ケーブルだ。利用時は、本体にいずれかのアンテナを差して使うことになる。

パッケージ内容 製品パッケージには本体のほか、受信環境に応じて使い分けるアンテナ3種類が付属する。写真左より、ショートアンテナ、ロングアンテナ、2つのF型アンテナ変換ケーブルだ
アンテナ
スロットインしてショートアンテナを装着した状態

3種類のアンテナのうち、モバイル環境ではショートアンテナが便利だ。アンテナの長さは最短時で5cm、のばすと12cmになる。アンテナがコンパクトなだけでなく、本製品もMacBook Proに差し込むと大半が隠れてしまうので、使用中も特に邪魔にならない。

この点、USB接続のワンセグチューナーと比べると圧倒的に見た目の収まりがいいが、本体がMacBook Proから少し飛び出るため、装着したままカバンなどに入れて持ち運ぶと破損の恐れがある。移動時は、必ず本体をExpressCardスロットから取り出しておこう。

ロングアンテナは単に長いだけでなく、ショートアンテナとは形状からして異なる。カード本体とは1.5mのケーブルを介した接続となり、アンテナはアンテナでテープルの上などに置くタイプだ。受信感度は増すだろうが、据え置き利用が主になるだろう。

F型アンテナ変換ケーブルは、アンテナでワンセグ波を受けられない状況において、家庭などにあるテレビ端子に接続して使う。実は筆者宅は中央線沿線であるにも関わらず、自宅だろうが駅前の公園だろうが、ショート/ロングアンテナでのワンセグ受信が不能だったため、このF型アンテナ変換ケーブルが最も活躍してくれた。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中