このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows Info第149回

Windows 10のUWPアプリのインストール状態をコマンドラインで調べる

2018年12月02日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Microsoftストアでは、Appxと呼ばれるパッケージ形式が利用されており、Windows 10はこのAppxパッケージをパッケージマネージャーが読み込んで、アプリをインストールする。

Windows 10で用意されているMicrosoftストア。ストアアプリのインストールが可能だ

 実際には、アプリ以外にもライブラリなどの配布もしているが、Microsoftストアアプリや設定アプリの「アプリ」にはこうした情報は表示されない。しかし、Windows 10は、パッケージマネージャー管理のAPIを公開しており、これを使うことで、Appxパッケージのインストール状態を管理できる。

 APIを呼び出すにはソフトウェアを作る必要があるが、PowerShellには、対応するコマンドレットが用意されているためコマンドラインからAppxパッケージを管理できる。

Appxパッケージを使うアプリケーションとは?

 Appxパッケージ形式は、Microsoftストア経由でダウンロード、インストールするアプリケーションの配布形式である。このため、Microsftストアからアプリをインストールすれば、Appxパッケージファイルによるインストールがなされる。

 パッケージマネージャーとは、こうしたパッケージ形式ファイルを管理し、インストール状態を把握する。パッケージファイルには、アプリのインストールに必要なファイルなども含まれるが、そのほかにもアプリに関する情報や、依存関係、アプリを特定するためのID(バージョンアップ時には、前のバージョンの存在を確認する必要があるため、バージョンに依存せずにアプリを特定する)などの情報を持つ。

 Appxパッケージ形式を利用するのはUWPとデスクトップブリッジ版のデスクトップアプリである。ただしUWPに関しては、ユーザーがMicrosoftストアからインストールする通常のUWPのAppxパッケージ(ユーザーAppxとここでは仮に呼ぶ)と、Windowsと一緒にインストールされる「プロビジョンドAppx」の2つの種類がある。

 Windowsに標準添付される電卓やメール/カレンダー/ピープルといったアプリは、プロビジョンドAppxパッケージファイルとしてWindowsのイストールイメージの中に含まれている。

 ただし、ユーザーが起動するUWPは、あくまでもユーザーAppxとしてインストールされたものだけなので、プロビジョンドAppxパッケージは初回ログオン時に、ユーザーAppxとして自動インストールされる。その後、Microsoftストアに更新されたバージョンがあれば、自動で更新する。プロビジョンドAppxパッケージのアプリも、ユーザーAppxとしてインストールされたあとの振る舞いは、他のUWPと同じだが、Microsoftストアや設定の「アプリ」などからはアンインストールできない。

 デスクトップブリッジとは、デスクトップ環境(Win32API)で動作するアプリケーションをMicrosoftストア経由で配布できるようにする仕組みだ。WindowsInstallerを使うデスクトップアプリをAppx形式に変換するコンバーターなどから構成されており、Windows 10 Ver.1607から利用できるようになった。

デスクトップブリッジを用いて、デスクトップアプリの配布がMicrosoftストア経由でなされている例

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン