このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AMDのイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が大盛況

2017年11月19日 07時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの最新情報やデモを紹介するイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が、秋葉原UDX 2Fのアキバ・スクエアで開催された。あいにくの雨模様にもかかわらず、非常に多くの人が会場に詰めかけ、ステージは立ち見が出るほどだった。

アキバ・スクエアで開催された「AMD FAN DAY FESTIVAL」
コンパニオンがお出迎え

 イベントでは、AMD本社より来日するアジア・パシフィック/日本担当チャネルセールスディレクターのMichael Liao氏がオープニングスピーチを務め、GPUプロダクト・マーケティング・シニアマネージャーのAdam Kozak氏が、AMDのCPU、GPU製品に関する最新情報を発表した。

アジア・パシフィック/日本担当チャネルセールスディレクターのMichael Liao氏。AMDはイノベーションそしてリーダーシップこそが会社の根幹。今後もそれを貫いていくと語った
デスクトッププロセッサー・マーケティング・マネージャーのDON WOLIGROSKI氏。Ryzenはすべての製品が倍率アンロックされているが、競合メーカーの製品のアンロックモデルは価格が高く設定されていると、Ryzenのコストパフォーマンスの良さを伝えた
GPUプロダクト・マーケティング・シニアマネージャーのAdam Kozak氏が、先日発売の最新ゲームにおいても、Radeonは優れた性能を発揮するとアピール
日本AMDの森本氏がマイニング環境でのRadeonについて解説。ドライバーアップデートでマイニング用のスイッチが付いたので、これをオンにするとマイニング効率が上がるとのこと
テクニカルライター高橋敏也氏と、DOS/V POWER REPORT編集長の佐々木修司氏によるクイズセッション。クイズに答えじゃんけんに勝ち残ると、マザーボードや電源など豪華賞品をゲットできた

前へ 1 2 3 次へ