このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第86回

意外と簡単に使えるが……無料Wi-Fiは実用的なのか!?

2017年09月28日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 格安SIMの通信容量を節約するにはWi-Fiを活用せよ、と言われるようになってだいぶ経つ。Wi-Fiと一言で言っても、自宅の光ファイバー回線などもあれば、カフェのWi-Fiや乗り物のWi-Fiなどたくさんあり、うまく活用すれば、非常に低コストでインターネット接続が可能。

 格安SIMは十分に安いが、格安SIMにプラスして大容量を低コストで使いたいという人に向いている。

無料のWi-Fiサービスの利用は意外とカンタン

 動画配信サービスの普及はもちろん、スマートフォンで撮った写真をすべてクラウドにアップロードしてしまう設定の普及などで、今やパケット量が足りないという人が増えてきたように思う。

 去年までなら月間2GBで余裕だったもののが、最近は5GBオーバーも当たり前という人もいる。そこで注目されているのがWi-Fiだ。

 Wi-Fiが接続確認性を担保するだけの意味だったころから関わってきた筆者にとって、インターネットに繋がった無線LANを「Wi-Fi」と呼ぶにはまだ抵抗があるのだが、気づけばスマートフォンの操作メニューでも無線LAN=Wi-Fiということになっており、まあそういう流れなのだろう。

 容量が足りなくなったときはWi-Fiといっても、家に自宅回線がなければ、有料/無料問わず外部のWi-Fiを使うことになる。ドコモ、au、ソフトバンクと契約しているスマートフォンユーザーであれば、一応無料で使えるものもあるが、格安SIMでは用意されているサービスは少ない。

 そこで、各種の無料公衆Wi-Fiを使う方法だが、個々の無料Wi-Fiにそれぞれ登録して使う方法もあるが、横断的に使える無料アプリの利用が圧倒的に便利。

 一度登録すれば、エリアに行けばすぐ使えるほか、エリア検索機能なども充実しているため、各サービスを横断的に場所検索ができることも非常に大きなメリットだ。

「Japan Connected-free Wi-Fi」 「Japan Connected-free Wi-Fi」

 代表的なものとしては、NTT-BPの「Japan Connected-free Wi-Fi」がある。訪日外国人向けにステッカーが貼ってあるお店を街中でも見かけるが、特に外国人専用としているわけでなく、日本人でも利用できる。無料のWi-Fiを横断的に使える。

「タウンWiFi」 「タウンWiFi」

 そのほかにも、たとえば「タウンWiFi」など、無料Wi-Fiを横断的に利用できるアプリがある。

 Japan Connected-free Wi-Fiでも網羅していない無料Wi-Fiもあるため、利用する場所によってはこちらの利用もよさそうだ。

 なお、タウンWi-Fiは、実際の接続先の利用規約や許諾画面をスルーするようになっていたため、ほかの無料Wi-Fi事業者などとトラブルになったことがある。無料Wi-Fiの場合、利用規約や許諾はスルーできない重要な問題のため、横断的なアプリを利用していてもしっかり確認しておきたい。

無料Wi-Fiはただ無料というわけではない

 無料Wi-Fiで一般的に指摘されるのがセキュリティーの問題。無料Wi-Fiの提供者によってパスワードなどの通信内容が盗聴されて悪用されるなどという話をもあるが、実際はもっと別のところにあると考えている。

 信用をなくしてまで通信内容を盗聴して悪用するよりも、もっと価値の高い情報が得られる可能性があるからだ。

 たとえば、Japan Connected-free Wi-Fiの利用規約には、利用者の利用情報を統計的情報として協力事業者などに提供するとある。

Japan Connected-free Wi-Fiのアクセス権限。位置情報や画像なども読み取り可能 端末IDも読み取ることも許可項目に入っている
Japan Connected-free Wi-Fiのアクセス権限。位置情報や画像なども読み取り可能端末IDも読み取ることも許可項目に入っている

 接続情報を利用すれば、行動状況や範囲などを把握できる。訪日外国人旅行者があちこちでJapan Connected-free Wi-Fiを使えば、旅程を細かく把握でき、人気の観光地だけでなく、どのような順番で、どのような時間帯に訪れ、どのくらい滞在したかもデータとして蓄積でき、次のサービス開発に活用できる。

 SNS認証ができるサービスであれば、SNSとの履歴統合も可能だ。

 そして、店舗のWi-Fiは、やろうと思えばもっと情報を取ることも可能になる。

 以前より、スマートフォンやPC端末から出るWi-Fi電波を探して受信し、個々の人物の行動把握をするという技術はあったが、昨今はSSIDの秘匿はしないことが一般的になり、設定さえしなければ端末が自分から電波を出してWi-Fiのアクセスポイントを探すことはほとんどなくなった。

 そこで、店舗の無料Wi-Fiに接続するアプリが稼働していれば、端末側から店舗のWi-Fiに自分から接続しにいく。そうすれば、個々の端末の持つネットワーク上のユニークな識別番号であるMACアドレスがWi-Fiサービス側に渡り、個人特定も可能になる。

 店側からみれば、肌身離さず持ってるスマートフォンを持つ人間の来店時間や頻度を正確に把握できることになる。

 ここから先はあくまで可能性としての話だが、店が持つポイントカード履歴の利用時刻と少しずつ照合していけば、来店を重ねるごとにスマートフォンとポイントカードの紐付けはほぼ可能になる。

 また、来店客がそれほど多くなければ、Wi-Fiのデータから客を特定できたり、防犯カメラ映像と時間で照合すれば……などと、次々にデータとデータがつながっていくことも可能となる。

Japan Connected-free Wi-Fiの利用規約の第4条には統計情報として分析して提供 するとある Japan Connected-free Wi-Fiの利用規約の第4条には統計情報として分析して提供 するとある

 前述のJapan Connected-free Wi-Fiでは、利用規約に「属性情報等を、利用者を特定可能な情報と結びつけることはありません」となっているのでまずは安心だが、Wi-Fiの接続情報はアクセスポイントを設置した側の情報でもあるので、モラルの低い企業が運営しているとなると話は別。通信内容が漏れることよりも用心しなければならない可能性があることは覚えておきたい。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン