このページの本文へ

JavaScriptでシェルスクリプトを書いて面倒な作業はサクッと片付ける

2017年06月02日 18時45分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

書き慣れたJavaScriptでシェルスクリプトを書けば、ちょっとした面倒な作業を自動化できます。

クライアントのWebサイトをSSLにアップグレードしました。証明書はワンクリックでインストールできるので難しくなかったのですが、SSLへ移行後、混在コンテンツの警告がたくさん出ました。WordPressのサイトなので、修正にはテーマディレクトリのアセットをHTTP経由でインクルードしているファイルをすべて特定する必要がありました。

以前は簡単なRubyスクリプトで自動化して対処していました。Rubyは私が最初に覚えた言語で、このようなタスクに適しているからです。しかしNodeでコマンドラインインターフェイスを作る方法で紹介したとおり、JavaScriptはブラウザーだけの言語ではなくデスクトップのスクリプトにも使えます(ほかにも用途はたくさんあります)。

この記事では、JavaScriptで再帰的にディレクトリ内のファイルにアクセスして特定の文字列を検出する方法を解説し、シェルスクリプトを書く方法も簡単に紹介します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く