このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第66回

沖縄で米軍払い下げのペリカンケースをゲットしました

2017年03月05日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

沖縄みやげと言えば米軍払い下げ品

 先日、沖縄に行ってきました。夏には何度か行ったことがあったんですが、オフシーズンに行くのは初めて。たまたま最高気温が22、3度あってTシャツで過ごせたものの、海に入れるほどではないというか、2月はそもそも海開きがまだなので海遊びはできません。これまでは海に行ってばかりだったし、ちょうどいい機会なので今回は施設や遺跡、洞窟などを見て回りました。

 そして合間の時間はお楽しみのおみやげ購入タイム! そして沖縄みやげといえばもちろん米軍払い下げ品! 「ちんすこう」「紅芋タルト」などのお菓子や「シーサー」「やちむん」といった工芸品、「シークワーサージュース」「もずく」あたりの食料品も気になるところですが、ミリオタなワタシとしてはなにはなくとも米軍払い下げ店巡りをせざるを得ません。

 ガイドブックもろくに見ないくせに、そっち系のお店は当然のように住所を調べてiPhoneにメモったうえ、Googleストリートビューで場所も確認済みという準備万端っぷりです。残念ながら時間の関係で全部を見て回ることはできませんでしたが、それでも数店舗に行き、イイモノをいくつかゲットできました。

 最初に行ったのはS&Cミリタリーストアというお店。いまどきなので沖縄の米軍払い下げ店も通販をやっているところが多く、ワタシもよくお世話になっています。S&Cミリタリーストアもそのうちのひとつです。場所は嘉手納基地の目の前。国道58号から横道に入ってすぐのところにありました。

シンプルな看板がカッコいい。971061400006は沖縄県公安委員会発行の古物商許可証の番号です
入口。この時点でもうワクワクします

 これを買おうというのはあんまりなかったのですが、ひとつだけ、物を入れるボックスやハードケースは欲しいと思っていました。

 ワタシが乗っている米軍の軍用車ハンヴィーは室内面積の50%以上が荷台になっているので、大きい荷物を載せるのはラクラクなんですが、掃除道具やライト、ウェットティッシュといった小物の置き場所には困っています。リアシート下に物入れがあるものの、アクセスするにはシートを外さなくてはならず、結構めんどくさい。仕方なくダンボール箱に入れていますが、あんまりカッコいいものじゃないんで、軍用の木箱とかボックス、ハードケースなど、もうちょっと見栄えのいい物に入れたいと思っていたのです。

 S&Cミリタリーストアに入ったときも、真っ先に探したのがハードケースでした。そして店内はパッと見渡せるぐらいの広さだったので、積み重ねられたハードケースの山をすぐに発見! 棚や商品の下にもいくつかありました。

山積みになったハードケース

 売っているのがひとつだけなら迷わず買うんですが、ガンケースのように長くて薄い物や深さのある大型の物、普通のカバンぐらいのサイズの物、小型の物などさまざまなタイプがあり、迷ってしまってなかなか決められません。まさかこんなにいろいろと売っているとは。

沖縄のイイモノ第一弾のハードケース

 全部買って帰りたいところですが、飛行機に乗るときに預けるにしても機内に持ち込むにしても数や大きさに限度があります。追加料金を払えば持ち帰れるものの、送料より高くついてしまうので、ここは1個でガマンです。開けたり閉めたり手に持ってみたりと悩みまくった挙げ句、中ぐらいの大きさの物を選びました。いつもはポチるところですが、今回はレジへ。

 中にはなにかの形にくり抜かれたフォームが入っていて、荷物を入れるには邪魔なんですが、ホテルの部屋に捨てていくのは申し訳ないし、何かに使えるかも知れないので家まで持ち帰ります。空港ではそのまま手荷物として預けました。よく考えたらフォームしか入ってないカバンって不審といえば不審ですよね。

実はあのペリカンケースです

 というわけで購入した払い下げ品のこのハードケース。米軍オリジナルのデザインというわけではなくて、形でわかる方も多いと思いますが、実は高い防水性や堅牢性で有名なペリカンケースです。メーカーはアメリカのペリカンプロダクツ。綴りはPELICANで、創立は1975年。当初はダイビング用フロートの製造から始まったそうです。ちなみに、万年筆で有名なペリカンと同じ会社とかグループとかなのかなと思ったんですが、あちらはPELIKANというまったく関係ない会社で、本社はスイスにあるそうです。

 米軍では物資の運搬用として木箱を多用していましたが、現代ではほぼすべてがプラスチック系のケースとなっているそうです。納入しているメーカーはいくつかあり、ペリカンプロダクツもそのひとつ。ほかに有名なところではハーディッグインダストリーズという会社もありましたが、2009年にペリカンに買収され、同社の製品だった大型のコンテナや、ストームケースというペリカンケースのライバルのようなハードケースは、それぞれペリカン・ハーディッグケース、ペリカン・ストームケースというペリカンの1シリーズになりました。

 ペリカンケースというと、大きくPELICANという文字が入っているイメージがあるのですが、ワタシが買ったケースには付いていません。軍用だから書かれていないのかもしれませんが、市販品でもあったりなかったりするそうです。

 各部をチェックしてみたところ、あちこちに傷は付いていますが、致命的なダメージはありませんでした。ロックもオーケー、開閉も問題なしです。

擦り傷はありますが使用に問題なし

 ケースの表には名称などが書かれたラベルとNode 3007と書かれたステッカーが貼られ、マーカーでSDN-L3と記されています。ラベルの横にある四角い枠には、民生品ではペリカンのロゴマークや型番が入っているんですが、ブランクになっていました。軍用ではあったりなかったりとまちまちのようです。

表には大きくSDN-L3の文字とNode 3007の表示

 ラベルは、ケースを床に置くと上下逆さまになってしまいます。民生品ではたいてい置いたときに読める方向に貼られていると思うんですが、米軍ではほかのケース類でも把手側を下にすることが結構多い気がします。持っている人が見やすいようにってことなんですかね。

 ケースのサイド部分にはSpares Kit Caseという名称と0170-0410-01Bというナンバーが書かれたプレートが貼られ、メーカーを示すCageは1UB81となっていました。このナンバーは調べてもわからなかったのですが、メーカーはL3 Global Communications Solutions。第47回で取り上げたM24ビノキュラーのメーカーのグループ企業のようです。

ラベルのアップ
サイドに貼られたプレート

アンテナのスペアパーツ入れのようです

 ラベルに書かれた名称はSDN-Lv3B NODE 3007。CAGはCageのことだと思うんですが、サイドのプレートとは異なり41CT5となっていました。調べてみると、出てきたのはU S Special Operations Command。USSOCOMと略されるアメリカ特殊作戦軍です。

 その下にはSUB-SYSTEM: ANTENNA SYSTEM, PANTHER, KU/X-BANDCASE: 2 OF 5の文字。KU/X-BANDというのはKU-BANDとX-BANDのことで、通信などに使う周波数帯の名称です。それぞれ12~18GHz、8~12GHzを指しています。

 PANTHERというのはL3が開発した、高速なデータ通信が行なえる小型の通信システムで、どうやらこのケースはアメリカ特殊作戦軍が使用するマイクロ波アンテナユニットのスペアパーツを運ぶための物のようです。2 OF 5は全部で5ケースある中の2番目というですね。最初にSDNやNODEの文字を見たときにインターネット用のなにかかなと思ったのですが、そんなに外れてはいませんでした。

中には機器の形にくり抜かれたフォームが

 外寸はだいたい56×45×26センチというところ。ペリカンケースのウェブサイトを見てみると、中型の1560というタイプのようです。中は機器の形にくり抜かれたフォームで埋まっていてこのままでは使えないので、入れる物に合わせて新たにくり抜くか、残念ですが捨てるしかありません。もったいないので、できるだけ再利用したいところですけれども。

 ロックはワンタッチで開閉できるスグレモノ。パチンと止めるだけで密封状態にしてくれます。ロックの横には金属で補強された穴が開いていて、ここに南京錠を差し込めば鍵をかけることも可能です。

ワンタッチで開閉できるロック

 縦方向の底面にはタイヤ付き。キャリングハンドルもあるのでコロコロと引っ張れます。頑丈なせいかかなり重く、空の状態でも8キロ近くあるため、タイヤがないと体力のないワタシには無理。

底面にはウレタン製のタイヤキャリングハンドルも付いてます

 プレートの上に付いている丸い物は自動気圧調整バルブです。ケース内外の圧力差を自動的に調整してくれるため、たとえば高い山や飛行機の中など地上とは気圧が異なる場所に行っても開閉に支障が出ることがありません。賢いですね。

自動気圧調整バルブ付き

 S&Cミリタリーストアにはほかにも服やブーツ、小物類などたくさんの払い下げ品がありました。見ているとお店ごとごっそり欲しくなってしまいます。

右奥にケースがチラリと見えています
迷彩服のほかTシャツやジーンズなどの普段着系も
ブーツいろいろ。棚の下には小型ケース
ベビーカーらしき物が。基地内で売ってるのかな

 ウチに燃料用のポリタンクがあるんですが、口に付けるノズルを持っていません。お店にもポリタンクがあったのでノズルってないんですか? と聞いてみたら、米兵はノズルなんて使わないでドバドバ入れちゃうから出回らないんですよねとのこと。なんか納得(笑)。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中