このページの本文へ

全Windowsユーザー必買の激薄2in1 PC「YOGA BOOK」が出荷開始したので開封した!

2016年10月14日 11時00分更新

文● 編集長みやの(@E_Minazou

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 というわけで、超薄型軽量PCとして発作的に買えるお値段のYOGA BOOK(Windowsモデル)が編集部に到着したので、開封の儀をお送りします。

 ばほ~~~ん、なんとすてきな片手で持てる激小パッケージでございます。

 A4判の週アスと比べるとこんな感じでスマート。

 BOOKという名前を象徴するようなパッケージで、オレンジラインが効いています。

 ビニールをとってこちら側から開封ですね。

 水色の帯(?)を取り去ると、ますますスマートです。

 フタをあけると、すぐに本体がおでましになります。

 本体を出すとこうなり、その下に黒い箱が。

 手前の電源箱をあけると、ACアダプターと電源ケーブルが入っています。

 黒いハコを取り出すと、その下にさらに箱たちが出現です。

 その1つめには、取説とSIM取り出しピンが入っておりました。

 もうひとつの箱には、付属のペンと、取替え用のペン先3本が。

 上にのっていた箱の中にはメモパッドが入っておりました。

 本体は256.6×170.8×9.6mmで、もちろん週アスよりひとまわり小さいです.Lenovoのロゴが縦位置にあるのも面白いですね。

 裏面にはおなじみのWindowsシールと、規格シールが貼ってあります。Made in Chinaはいいんですが、なぜかコンタクト先がスロバキアとなっております。

 液晶をあけると、そこにプロテクトシールが……。ちょっとびっくりしました。

 電源ボタンを押してしばらくするとおなじみのWindows導入画面が出ます。キーボードのバックライトも点灯して、PCらしくなりますね。

 設定終了。ちなみに、液晶側とキーボード側ともに磁石が入っているので、スチールのロッカーなどに置くとくっつきやす。試用レポートは今後を待てということで……。


■関連サイト

カテゴリートップへ