このページの本文へ

USBスティックサイズ

AudioQuestのハイレゾ小型USB DAC「DragonFly Black&Red」

2016年06月16日 15時42分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 D&Mホールディングスは6月16日、米AudioQuest社のヘッドフォンアンプ内蔵の小型USB DAC「DragonFly」の新モデルを発表した。発売は6月20日。

 「DragonFly Red」(高出力タイプ、税別2万9500円)と「DragonFly Black」(中出力タイプ、税別1万4600円)の2製品がある。Redは2.1V出力で低能率のヘッドフォンのドライブに対応、Blackは1.2V出力で一般的なヘッドフォンのドライブが可能だ。なお、従来製品は1.8V出力だった。

 RedはDACチップにESS Technologyの9016を採用。DAC内蔵機能を利用したビットパーフェクト・デジタル・ボリューム・コントロールを使用する。BlackはESS 9010と、Blackは従来のDragonFly 1.2と同じ64ステップデジタル制御のアナログ音量コントロールとなっている。

 DAC自体はハイビット、ハイサンプリングレートに対応するが、この製品では最大96kHz/24bitに限定している。これはこのサイズの製品での音質を考慮してのことだという。

 Android端末向けの「DragonTail USB Adapter For Android Devices」も2800円(税別)も用意する予定。iOS機器との接続にはLightning - USBカメラアダプターなどのオプションが必要となる。

 パソコンのUSB端子に直接接続しての利用はもちろん、変換ケーブルを介してiPhoneやAndroid機器で再生中の音源を高音質化できる。Microchip Technology社と共同でS/N比を改善し、電力消費量を77%も抑えた新しいUSBコントローラー「MicrochipMXマイクロコントローラ」を開発した。これにより、Andoroid端末やiOS端末との接続が可能になっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン