このページの本文へ

連休前に最新版をダウンロードしておこう

Internet Explorer最新版以外は1月12日サポート終了

2016年01月08日 14時16分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米国時間1月12日にサポートポリシーを変更する

 マイクロソフトは米国時間1月12日に、「Internet Explorer(IE)」バージョン7~10のサポートを終了する。

 1月12日以降は「各Windows OSで利用可能な最新版IEのみ」をサポートする。具体的には、Windows VistaならIE 9のみ、Windows 7/8.1/8.1 UpdateならIE 11のみをサポート対象とする。サポート対象外となったIEは、セキュリティ更新プログラムが提供されない。

サポート対象のIEは「各OSで利用できる最新版のみ」となる

 1月12日に配布される更新プログラム(KB3123303)を適用すると、最新版ではないIEをインストールしているWindowsで、IEのアップグレードをうながす警告メッセージが表示される。

 また同日は、Windows 8のサポートも終了となる(関連記事)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART