このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

栄えある「iTunes Best of 2015」を受賞!

スマホの常識を変えるリッチさが魅力「MOBIUS FINAL FANTASY」開発秘話

2015年12月09日 22時20分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは12月9日、優れたアプリを表彰する「iTunes Best of 2015」を発表した。アップルは自社でソフトウェアとハードウェアを開発することで、「iTunes」という安定かつ堅牢なコンテンツ配信環境と、「iPhone」や「iPad」という非常に高い互換性をもつ機器をセットで提供できるのが強みだ。

 App Storeはキュレーターによる厳正な審査によりコンテンツの質を高水準で維持、その信頼性の高さにより日々数え切れないほどの優良アプリが登場するという好循環が続いている。その数え切れないほどのアプリの中から、さらに厳選された「Best of 2015」という栄誉に輝いたのは、登録者数が280万人を突破したスクウェア・エニックスのiPhoneなど向けRPG『MOBIUS FINAL FANTASY』。同タイトルのプロジェクトリーダー、浜口直樹氏のインタビューをお届けする。

国内外の優良アプリが一堂に集結するApp Store。iTunesはiOS、tvOSのユニバーサルアプリ化とともにゲームなどのアプリだけでなく、音楽や映画などあらゆるコンテンツのハブとしての役割が強化される
MOBIUS FINAL FANTASY App
価格無料(アプリ内課金あり) 作者SQUARE ENIX INC
バージョン1.3.01 ファイル容量75.3 MB
カテゴリーゲーム 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降

「iTunes Best of 2015」を受賞した
FFコンソール版開発チームがめざすものは

――まず、スマホアプリ市場に参入するにあたってどのような感想を持たれましたか?

スクウェア・エニックス 第1ビジネス・ディビジョン 『MOBIUS FINAL FANTASY』プロジェクトリーダーの浜口直樹氏

浜口直樹氏(以下、浜口) コンソール機のソフト開発は製品パッケージをつくってパッケージを売るビジネスでしたが、スマホアプリは圧倒的にFree to Play(基本プレイ無料)のビジネスです。例えば100万人のユーザーがいるゲームが存在するとして、その中で課金してくれるユーザーは約10%(約10万人)と言われています。つまりその10%のユーザーで成り立っているビジネスモデルです。さらに、10%中のさらに10%のユーザーで成立するタイトルもあったりします。個人的な意見とはなりますが、ビジネスモデルとしては非常に特殊だと考えています。

――スマホならではの特殊性について詳しく教えてください。

浜口 その10%のユーザーが仮に競合タイトルや他の趣味に流れてしまうと、そのアプリ運営が成り立たなくなってしまうという特殊性があります。その点で一部の人に売上の大半をゆだねてしまっていることはビジネスの観点からはリスクが高いと言えます。スマホアプリはつねに開発とサポートを続けながらのビジネスです。初期の開発費以外にも、運営開始後からは運営用の開発費も必要となりますので、安定した収益を確保してお客様に安心して遊んでいただくためにも、ここを改善したいという気持ちがあります。

 また、スマホアプリ参入の敷居も年々高くなっているように感じます。コンソール機のソフトはある意味大手が独占していて、なかなか新規メーカーが参入しにくい印象を持つ人が多いでしょう。一方スマホアプリは数年ほど前までは新規が比較的参入しやすい環境でしたが、こちらもコンソール機と同じような現象が始まっています。大手で、ある程度著名なIP(知的財産)をもっているメーカーか、新規でもある程度潤沢な資金をもち、ぜいたくに広告に資金投入できるメーカーでないと、なかなかユーザーを獲得できなくなってきています。

 もちろん例外もあって、例えば「ねこあつめ」のように新規で一気に伸びるコンテンツがあるので一概に否定できませんが、狙ってユーザーを獲得するのは難しいですね。弊社は「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」という歴史あるIPのアプリのほかにも、さまざまなアプリを開発しています。しかし、その中で芽が出るのは数タイトルというのが実情です。

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中