このページの本文へ

なんとヤマダ電機がWindows 10スマホを最速投入! 5.5型の「EveryPhone」

2015年11月26日 11時00分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマダ電機は、オリジナルのスマートフォンとして、Windows 10 Mobile搭載の「EveryPhone」を11月28日に発売すると発表した。価格は税抜3万9800円。

 EveryPhoneはLTE対応でバンド1/3/19が利用可能(W-CDMAはバンド1/6/19)。主なスペックはHD解像度の5.5型ディスプレー(720×1280ドット)、クアッドコアのSnapdragon 410 1.2GHz、2GBメモリー、32GBストレージ(microSDXC対応)、1300万画素カメラ(イン500万画素)、IEEE802.11n(2.4GHz対応)、2600mAhバッテリーなど。カラバリはブラックとホワイトの2モデル。

 本体サイズは78.6×154.8×6.9mm、重量は約138.6g。2年保証のほか、発売記念キャンペーンとして、YAMADA SIM、Bluetoothキーボード、液晶保護フィルムがセットになる。

 ヤマダ電機では以前からオリジナルのデル製Windowsタブレット「Every Pad Pro」や、レノボ製Androidタブレット「EveryPad」シリーズなどを展開している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART