このページの本文へ

iPad上でプリペイドプランの契約が可能

Apple SIMが日本で利用可能に、auのネットワーク利用

2015年11月17日 11時15分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、11月17日から、Apple SIMに対応した「LTEデータプリペイド」の提供を開始する。

 Apple SIMはアップルが「iPad Air 2」や「iPad mini 3」の発売と同時に開始した新サービスで、アメリカで出荷されるセルラーモデルに標準で同梱される。購入後に画面上からキャリア選択が可能で、ユーザーが任意で使いたいキャリアを切り替えることもできる。

 今回のKDDIのサービス提供開始により、Apple SIMをセットしたiPadを持つ訪日外国人は、各種データ通信用のSIMカードを購入しなくても、iPad上でプリペイドプランの契約が可能となり、日本国内でauのモバイルネットワークによるデータ通信サービスが利用できる。

「LTEデータプリペイド」の料金

 なお、対応機種は、iPad Pro Wi-Fi+Cellularモデル、iPad Air 2 Wi-Fi+Cellularモデル、iPad mini 4 Wi-Fi+CellularモデルおよびiPad mini 3 Wi-Fi+Cellularモデル。

 Apple SIMはオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、オランダ、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカ合衆国の世界13ヵ国のアップルストアで購入可能。日本国内での販売価格は648円。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中