このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

4万円がリーズナブルに感じる音質

DAC内蔵ソニー「MDR-1ADAC」はヘッドフォンの未来を感じる

2014年10月25日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、USB DAC内蔵のモバイルヘッドフォンアンプが人気です。だったらヘッドフォンにDACとアンプを入れてしまえば、コンパクトにまとまってイイんじゃないの?

 ということで誕生……したわけでもないのでしょうが、ソニーからUSB DAC内蔵の密閉型ヘッドフォン「MDR-1ADAC」が発売されました。もちろんヘッドフォンアンプも入っていて、あとはUSBケーブルをつなぐだけ。

 と、書いてはみたものの、USBケーブルを直接つないで再生するヘッドフォンというのも、かなり珍しいはずです。接続可能な再生機器としては、PC(Windows/Mac)はもちろん、ウォークマン、Xperia、iPhoneのようなアップルのiOS機器にまで対応します。10月24日発売で、価格は直販で3万9830円。

ウォークマン用の付属USBケーブル。ヘッドフォン側の端子は一般的なmicroUSBですが、ピンの立った特殊な形状をしています
ヘッドフォンにUSBケーブルを接続するとこんな感じに。ピンには端子のグラつきを抑える効果があるようですヘッドフォンのハウジング下面に、ウォークマン/Xperia/iOS用のピン付きmicroUSB端子、PC接続及び充電用の一般的microUSB端子があります。デジタル接続時は再生機器側のボリューム操作は受け付けず、ヘッドフォン側のボリュームで操作します

高速ビートに強いヘッドフォン

 MDR-1ADACのベースとなるヘッドフォンは、同時に発売された「MDR-1A」という機種で、定評の高かった「MDR-1R/MK2」の後継機になります。振動板は液晶ポリマーにアルミニウムの薄膜をコーティングした新開発の40mmHDドライバーで、100kHzまでの再生をうたっています。

メッシュの奥にのぞく振動板には金属的な光沢が

 MDR-1ADACは、ソニーのヘッドフォンではすでに定番と言える「ビートレスポンスコントロール」を採用しています。これはハウジングに通気孔を設け、その通気抵抗で低域をコントロールしようという手法で、これにより低域の追従を上げようというものです。

 低い帯域から充分なレスポンスを得つつも、ディケイの短い速いビートを充分な解像感を持って再生する能力を持っています。特にEDMのような低域の情報量が多い音楽には、低域強調型のブーミーになヘッドフォンよりも、こちらの方が向いていると感じます。

ハウジングの上面にビートレスポンスコントロールのための通気孔が開いています。音漏れについては、ここから抜けるのはほとんどが低域なので、あまり気になりません

(次ページでは、「DAC内蔵で気になるのは重さ」

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART