このページの本文へ

iPad基本のキ! マルチタッチジェスチャーを覚えよう

2014年10月23日 17時00分更新

文● カリーさん(@CurrySan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カリーさん近影

 ワッホーイ! スマホ総研などでiPhone愛を語ってる謎の覆面マンことカリーさんです。ついに! 22日から家電量販店でiPad Air 2とiPad mini 3のWi-Fiモデルが発売されましたね!! キター!

 思わず「!」マークだらけになってしまいましたが、これで初めてのiPadを手にされる方も多いはず。というわけで基本のキとなるiPad独自のマルチタッチジェスチャーをさくっとまとめていきましょう。

 具体的には、

(1)4、5本指で画面をつまんでホーム画面を表示
(2)4、5本指で画面を左右にフリックしてアプリ切り替え
(3)4、5本指で画面を上にフリックしてマルチタスクを表示

という3点。いずれも画面サイズが大きいiPadならではの活用方法になります。


ホーム画面の表示

iPhoneに慣れた人なら、ホーム画面の表示にホームボタンを押してしまいがちだが、4、5本指で画面をつまむやりかたのほうが画面から手を動かさずにすむのでスマートだ

アプリの切り替え

アプリの切り替えも、いちいちボタンを押してホーム画面に戻るより、4、5本指で左右にめくったほうが手っ取り早い

マルチタスク画面の表示

バックグラウンドで動作しているアプリを並べて、切り替えたり終了できるマルチタスクの画面。iOS 8では通話履歴なども表示されるようになった。この画面も4、5本指で画面を上にはじくとさっと表示できる

 iPhoneの感覚で使っていると、意外と忘れがちなマルチタッチジェスチャーですが、ぜひ習慣にしてiPadの操作をより快適にしましょう!

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中