このページの本文へ

Androidスマホが本格的なカメラになる! 「Camera FV-5 Lite」

2014年07月20日 17時00分更新

文● あすらん(@RedbyFullMetalJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今やスマートフォンのカメラは、画素数や暗所での撮影性能などで、一般のデジカメに負けず劣らずの性能を備えている時代だ。しかし、せっかくの高機能も、アプリ次第では発揮できないこともしばしば。そこで今回は、撮影時に細かな設定ができる「Camera FV-5 Lite」を紹介しよう。

まずは起動した画面。デジカメの様な本格的なインターフェース。ここからワンタッチで多くの機能の調節ができるまずはフラッシュの有無。ONとOFFの機能切り替えはもちろんのこと、常時発光や赤目補正機能も備えている
ホワイトバランスの切り替え機能も便利な機能のひとつ
バランスといっても難しい設定ではなく、撮影する場所の光の種類を選ぶだけでいい。写真中央が設定なし、右が蛍光灯設定。SO-02Fにて撮影
オートフォーカスもシチュエーションに合わせてマクロや顔認識、タッチ個所ピント合わせなどに切り替え可能
少しカメラに詳しい人向けの機能になるが、ISO感度も好みに調整可能。一般的にISO感度を上げることで暗所で写真がブレにくくなるとされているが、画像処理で写真がざらついたように見えてしまう。シチュエーションに応じて最適なISO感度を選べるように、撮影を重ねながら覚えていこう露出補正もカンタン。ざっくりいうと明るさの補正で、画面が暗くつぶれていたらプラス側、明るすぎて色が飛んでるときはマイナス側に指定する。数値のほか、画面右下のスライダーでも変更可能だ

 これらの機能がすべて無料で使えるのが、Camera FV-5 Liteのうれしいところ。アプリの起動時間も短く、純正のカメラアプリよりの動作が軽いこともあるカメラアプリによっては、メニューの深い階層に設定があってさっと設定できないものもあるが、本アプリなら画面に並んだアイコンでワンタッチで調節できるのも快適だ。

 一度スマホに入れてみて、使いやすさや軽い動作などを普段のカメラアプリと比べてみると、Camera FV-5 Liteがいかに優れているかがわかるだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART