このページの本文へ

2段階調節が可能なスタンド機能を搭載

iPad mini用、アメリカの定めたテストをクリアした耐衝撃ケース

2014年04月25日 19時01分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
耐衝撃のiPad mini Retina用マグネット式フォリオケース「UAG-IPDMF-BLK」

 プリンストンは4月25日、モバイルケースブランド「URBAN ARMOR GEAR」のiPad mini/iPad mini Retina用マグネット式フォリオケース「UAG-IPDMF-BLK」を発表した。5月1日発売予定で、同社の直販サイトの直販価格は5479円(本体価格5074円)。

 UAG-IPDMF-BLKは、ケース外郭部が硬いアーマーシェルで、内部が柔らかいソフトコアの2層構造を採用している。カバーの先端にある厚手のバンパーにより、衝撃が低減できるという。さらに正六角形や正六角柱を隙間なく並べたハニカム構造で、耐衝撃と軽量化の両立を実現したとしている。カバー部分の素材はPUレザーで、ロゴ部分はニッケルプレート。スタンド機能を搭載し2段階の角度調整が可能だ。

2段階の角度調整が可能なスタンド機能を搭載

 また、アメリカ国防総省が定めた、高さ122cmから角度や面を変えて26回落下する耐衝撃の試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure Ⅳ」をクリアしている。カラバリはブラック1色。サイズは約幅145×奥行15×高さ210mmで、重さは230g。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中