このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ゲストが「ARROWS Tab」のキーボードを大絶賛

富士通「ARROWS」ブランドで国内トップシェアを目指す!

2011年09月21日 19時22分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NTTドコモの「ARROWS Tab LTE F-01D」

 富士通は、スマートフォンやタブレットの新ブランド「ARROWS」についての発表会を開催し、説明を行なった。

 最初に登壇した同社執行役員副社長の佐相秀幸氏は、スマートフォン市場についてMM総研のデータを引用し、「2011年に1980万台、2015年には3056万台になる」と発言。同社に関しては「(スマホやタブレット、携帯電話を含めて)2011年に700万台」という目標を掲げ「近々に国内トップシェアを目指す」とした。

富士通の登壇者。左から高田克美氏、佐相秀幸氏、大谷信雄氏
富士通の登壇者。左から高田克美氏、佐相秀幸氏、大谷信雄氏

 続いて登壇した執行役員常務の大谷信雄氏は、「ARROWS」の意味について「市場のリードやスピード感、先進性、指標」といった思いを込めたものと説明。その上で「日本勢のスマートフォンは遅れをとったが、これからしっかり立ち上げていきたい」と語った。

「ARROWS」は文字通り「矢」のイメージ 富士通のスマートフォン開発のスタンス
「ARROWS」は文字通り「矢」のイメージ富士通のスマートフォン開発のスタンス

 モバイル事業本部部長の高田克美氏は、同社のスマートフォン開発についてのスタンスを説明。土台として基本性能を支えるスペックがあり、その上に見やすい画面やストレスを感じない操作感などの“ヒューマンセントリック”、さらにその上にユーザーの嗜好や利用シーンに合わせたラインナップの充実、という3つの要素に重点を置いていると述べた。

 そして、その第一弾製品となる「ARROWS Tab LTE F-01D」(NTTドコモ)について説明。スペックの面では、下り最大37.5Mbpsという高速な通信が可能な「Xi」回線を採用し、CPUにはデュアルコアの「OMAP4」を搭載するなど高性能であることをアピール。

 また、10.1型の大画面に加えてモバイル機器向け高音質化技術「Dolby Mobile V3」を採用した音声再生機能を搭載。DTCP-IP対応のホームネットワーク機能(DLNA)を実装するほか、ビデオ・オン・デマンドサービスとして「ひかりTV」(NTTぷらら)と「TSUTAYA TV」(TSUTAYA TV)が利用できるアプリをプレインストールする。

ひかりTVはストリーミング型のサービスを展開 ひかりTVはストリーミング型のサービスを展開
TSUTAYA TVはダウンロード型のサービスを提供する

 加えてワンセグも内蔵しており、テレビの視聴も可能。本機は防水仕様になっており、お風呂やキッチンなどでもテレビや動画を楽しめる。

防水なので水中でも問題なく動作する 風呂場などでは濡れた手で触らなくてもジェスチャーで操作できる
防水なので水中でも問題なく動作する風呂場などでは濡れた手で触らなくてもジェスチャーで操作できる

 ただし濡れた手で画面にタッチして水滴が付くと、タッチセンサーの感度が落ちる場合がある。そのため、F-01Dは本体カメラに手をかざし、ジェスチャーをすることで画面を操作できる機能を搭載。ヒューマンセントリックの一例だ。

ARROWS Tab LTE F-01D
ディスプレー 10.1型液晶
画面解像度 1280×800ドット
サイズ 262×181×11.3mm
重量 約597g
OS Android 3.2
カメラ画素数 リア510万画素、フロント130万画素
バッテリー容量 6560mAh
テザリング
ワンセグ
防水
spモード
発売時期 10月中旬

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART