このページの本文へ

手書き入力機能搭載のiPad用ノートアプリ「7notes」

2011年02月04日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステム創業者の浮川和宣氏と浮川初子氏が率いるMetaMoJi(関連記事)が、新製品「7notes」(セブンノーツ)を発表した。手書き入力機能を搭載するiPad用デジタルノートアプリで、App Storeにて、すでに販売を開始している。価格は900円(2月末日までの発売キャンペーン価格。通常価格は1500円)。

iPad用デジタルノートアプリ「7notes」(セブンノーツ)
7notes
作者 MetaMoJi 価格キャンペーン価格900円(2月末日まで。通常価格1500円)
ファイル容量31.3MB カテゴリ仕事効率化
対応デバイスiPad 対応OSiOS 3.2以降

 7notesは、タブレット端末に合わせ新開発した手書き文字入力方式「mazec」(マゼック)テクノロジーを搭載。手書き文字を元にしたかな漢字変換に加えて、手書き文字をそのまま入力する「書き流し入力」機能、画数が多い漢字や思い出せない漢字の部分のみひらがなで入力しても自動変換してくれる「交ぜ書き変換入力」機能を備えている。交ぜ書き変換入力では、例えば「会ぎ」「かい議」などと手書き入力を行なっても「会議」と正しく変換される。

手書き文字をそのまま入力する「書き流し入力」
「交ぜ書き変換入力」機能を備えており、「えい業会ぎ」と入力しても「営業会議」と正しく変換されるひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットが混在した状態でも、入力次第変換される
前後の文字により判断することで、数字や日付なども正しく変換できる

 このほかの入力方法としては、ソフトウェアキーボードと外付けキーボードをサポートしている(Bluetooth対応製品も利用可能)。同社が動作確認を行なっているのは「Apple iPad Keyboard Dock」、「Apple Wireless Keyboard」の2種類だ。

ソフトウェアキーボードとBluetooth対応外付けキーボードによる入力もサポート

 なおmazecは、仏VisionObjectsの手書き文字認識エンジン「MyScript」、オープンソースの日本語IME「OpenWnn」および奈良先端大学(NAIST)による辞書をベースに、MetaMoJiが開発した交ぜ書き変換により構成されているという。OpenWnnは、オムロンソフトウェアによる日本語入力システムAndroid版「iWnn」のオープンソース版にあたる。

 ノートアプリ部分では、テキスト情報入力用スペース「テキストユニット」、画像用の「イメージユニット」、ウェブサイトの撮影画像を取り込める「ウェブユニット」を組み合わせることで文書を作成できる。変換によって入力した文字と手書き文字はシームレスに扱え、どちらも文字単位の修飾やコピー/ペースト/カットなどの文章編集を可能としている。

ノートアプリ部分では、「テキストユニット」、「イメージユニット」、「ウェブユニット」を組み合わせることで、文書を作成/構成する
手書き文字は、変換によって入力した文字と同様に修飾を施せる。写真では、色とサイズを変更している

 作成した文書データは、同社オンラインストレージ「デジタル・キャビネット」との自動同期機能により保管される(iPad内への保存も可能)。デジタル・キャビネットは、2GBまで無料の「無償コース」が標準で利用でき、10GBまで利用できる「プレミアムコース」が5月に開始される予定だ(価格は月額500円または年額4900円)。

文書の管理を行なう「マイキャビネット」。それぞれの文書にタグを付加することで、分類などを行ないやすくしている

 このほか、文書をPDFファイルとしてメールに添付して送信する機能、AirPrint機能を介した印刷機能も搭載している。

発表会では、MetaMoJi 代表取締役社長の浮川和宣氏がまず登壇した。昨年のiPad発売時に買い求めた際に「何かを作ってみたい」と思い、キーボードによるかな漢字変換では達成できなかった手書き日本語入力に挑戦するということで、「7notes」を開発したというMetaMoJi 浮川初子代表取締役は、PC登場時と同じ衝撃をiPadに受けたこと、PCが普及しても手書きは残っていることに触れた。またiPadはハードウェアとしてはすばらしいが、ソフトウェアはまだまだこれからとし、技術者として多くの仕事をやっていく必要があると話した


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中