このページの本文へ

UDXに猛者が集結! 美少女ゲームの祭典「電気外祭り」!

2010年12月27日 21時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コミケ前の開催がお馴染みとなった“秋葉原電気外祭り 2010冬”が、秋葉原UDX アキバ・スクエアで開催された。
 コンシューマーゲームメーカーや美少女ゲームメーカーなどがブースを出店し、新作タイトルの販促やグッズの販売を中心としたイベントで、4回目の開催となる。会場の秋葉原UDXには、早朝からお目当てのメーカーグッズを手に入れたい人による開場待ちの列ができるなど、今回も会場周辺は大混雑となっていた。

ご覧のとおり、会場入口は埋め尽くし
会場の外まで列ができていた

“B.G.M Festival vol.0”とは?

 会場内には各社のブース以外にステージも用意されており、出展企業の作品関連のステージショーも行なわれていた。
 今回大きな注目を集めていたのは、美少女ゲームブランド“OVERDRIVE”の代表bamboo氏の呼びかけにより、開催が決定した“B.G.M Festival vol.0”(美少女アニメゲームミュージックフェスティバルの略)の記者会見だ。

美少女ゲームミュージックの初の試みとなる大型ミュージックフェス“B.G.M Festival”は、2011年4月16日に品川ステラボールで開催が決定!

 同記者会見では、2011年4月16日に品川のステラボールで第1回を開催することが発表された。そのほか、すでに出演が決定している、アリスソフト、OVERDRIVE、CIRCUS、Navel、minoriの5つの美少女ゲームブランドの担当者と、今年活動10周年を迎えた元祖アキバ系アイドルの桃井はるこさん、数多くのアニメや美少女ゲームの主題歌を歌う佐藤ひろ美さんが登壇して、同イベント開催に向けての意気込みなどを語った。

フェス開催のために音頭を取ったOVERDRIVE代表のbamboo氏グッドスマイルカンパニーの小田ツヨシ氏より「この素晴らしいイベント記念して、5社の作品を1つのセットにした“特製 ねんどろいど ぷち”の発売を決定いたしました」とフィギュアセットが発表された
スライドからの写真なので分かりにくく申し訳ないが、左よりminori 宮村みやこ、CIRCUS 朝倉音姫、アリスソフト 上杉謙信、OVERDRIVE 椎野きらり、Navel 渡来明日香。詳細はイベント公式ウェブサイトに掲載されているのでそちらを参照してもらいたい

電気外祭り会場で見つけたコスプレスタッフ

 美少女ゲームのイベントといえば、各社ブースを彩るコスプレコンパニオン。お待たせしたが、電気外祭りの会場で見つけたキュートなコスプレコンパニオンたちを撮影してきたのでご覧いただこう!

ハイクオソフト

PRODUCTION PENCIL

ニトロプラス

Whirlpool

すたじお緑茶

F&C

日本ファルコム

ソフマップアミューズメント館(Lass)

アニメイト秋葉原店(minori)

おまけ すーぱーそに子ストラトス(ニトロプラス)

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社