このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「クリスマス・キャロル」のゲネプロを写真レポート

ホリエモンが歌って踊るミュージカル、舞台稽古を覗いてみた

2010年12月23日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左から主人公の恋人・ケイト役の安田美沙子さん、主人公・スクルージ役の堀江貴文氏、若き日のスクルージ役を演じる宮下雄也氏

 ディケンズの原案を現代風にアレンジしたミュージカル「クリスマス・キャロル」が本日、初演を迎えた。ニコニコ動画発のミュージカル「ニコミュ」の第一弾で、26日まで毎日2公演、東京・新橋にある博品館劇場にて上演されている。

 元ライブドア社長の、堀江貴文(ホリエモン)氏がミュージカルに初めて挑戦することで話題を呼んだ(関連記事)。ミュージカル界としても、インターネットで初めて生中継を試みることで注目を集めている。舞台プロデューサーは、過去に「テニスの王子様」などを手掛けた片岡義朗氏が、脚本/演出/音楽は「マグダラなマリア」で知られる湯澤幸一郎氏が担当。

 22日には、初演前のゲネプロ(衣装を着けた最終リハーサル)が報道陣に公開されたので、その様子を写真でレポートしていこう!

プロデューサーの片岡氏は「(ニコニコ動画による)生中継、しかも有料でお客様が楽しめる。劇場の壁が取り払われたということで歴史的な第一歩」と語っていた

歌って、踊る! こんなホリエモン初めてだ

 「クリスマス・キャロル」のストーリーは以下のような感じだ。

 IT企業の社長、スクルージ(堀江貴文さん、若き日は宮下雄也さん)は金の力のみを信じる男だった。社内の合理化を強引に進め、気に食わない社員はすぐに解雇。

 まさに「守銭奴」の彼は、金を浪費するだけのクリスマスを忌々しく思っており、誰かと一緒に祝う心を持ち合わせていなかった。過去にはあまりに拝金主義に傾いたことで、婚約していた恋人のケイト(安田美沙子さん)からクリスマスの当日に別れを告げられたことも。

 そんなスクルージが、ある年のクリスマスに眠りにつくと、大天使ミカエルがやってくる。自分たちの部下である3人の天使もやってきて、彼に3つのクリスマスを見せると告げる。天使と一緒に見たクリスマスを通じて、彼は自分の気持ちを変えていく……。

 見所はなんといっても堀江氏の演技力だろう。

ホリエモンが歌って踊る! 演技もかなり自然で、ライブドア社長時代、「ライブドアオート」のCMでくるくる回っていた頃とは別物だ
パンツ姿を見せたり、首輪を付けたり。宮下氏とのどつきあいを見せたりと、体当たりの熱演を見せていた

 堀江氏をスクルージに配役した理由について、片岡氏は、「堀江さんに関しては、金権主義の象徴みたいなレッテルが貼られていた。私たちはそう考えていないが、そんなイメージの堀江さんに『お金で買えないものがあった、自分の人生を見つめ直すとお金じゃない価値がある』と演じてもらうことで、社会的なインパクトを出せる」とコメントした。

安田さんも堀江さんと同じくミュージカルには初出演。「初めてのプレッシャーもありましたが、堀江さんがいたことがいろいろな意味で心強かった。お金で買えない幸せの一部が私の役だと思うので、それが伝わるように演じたい」と語る
若き日のスクルージ役は、イケメンの宮下氏。堀江氏については「役柄のスクルージはIT会社の社長で守銭奴で冷酷無比だけど、堀江さんを身近で見ると、すごく面白いし、あったかいし、みんなのパパみたい」と評していた
途中、パンツを脱ぎかけてお尻が見えるシーンも……。露出度高めなのは、女子を意識した演出!?

(次のページに続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン