このページの本文へ

[速報] ヤフー、虫眼鏡SEO業者に制裁措置、インデックスから削除

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年12月14日 23時50分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Yahoo! JAPANは、関連検索ワードやキーワード入力補助に表示されるワードを操作するサービスを提供する業者、いわゆる「虫眼鏡SEO」業者への制裁を強化した模様だ。12月14日現在、Yahoo!検索にて「虫眼鏡SEO」と検索すると、同サービスを生業とする業者がインデックスから削除されている。

Googleで「虫眼鏡SEO」と検索しても関連業者が表示されることから、先週金曜日に発表した警告と同時に実施された、一部のキーワードにおける関連検索ワードおよびキーワード入力補助機能の停止に加えた、業者排除のための制裁措置と捉えてよいだろう。

関連検索ワードやキーワード入力補助は、ユーザの検索行動を支援するために提供されている機能。この欄に表示されるワードを、自動・機械的な手法や不特定多数の集団を誘導することにより操作することは、検索事業者にとって、明白な(真っ黒の)スパム行為に他ならない。一部の業者は、「新しいSEO」「リスティング広告やSEOより安上がり」などと謳ったり、あたかもヤフー公式商品であるかのように装って顧客に販売していた。ある時期には、不動産や金融、流通業の有名企業が出稿しているケースがあったことや、世間的には"まともそうな"業者が販売していたこともあり、利用が広まっていたようだ。しかしYahoo! JAPANは先週末、関連検索ワードやキーワード入力補助に表示されるキーワードを操作することはスパムであり、場合によっては法的措置を行う旨をウェブサイトで告知していた。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 全部知ってる?今後のサイト制作で押さえたいCSSの最新プロパティ9選 164
  2. これなら作れる!WordPressプラグイン開発に役立つ記事まとめ 62
  3. コンテンツマーケティングのセミナーに行く前に読んでおきたい記事8選 11
  4. いまから本気で取り組む!SVGの入門から活用に役立つ記事9連発まとめ 8
  5. 【週末まとめ読み】Google Fontsのぶっちぎりな進化に驚いた! 5
  6. 商業写真で首切りと串刺しがダメな理由 2322
  7. 明朝体は絶滅するのか? AXIS Font生みの親の挑戦 2079
  8. アダルト検索エンジン「Boodigo」が公開 - 元Google社員ら立ち上げ 1587
  9. Apple Musicが流行らない理由をユーザー視点で考えてみた 1021
  10. 「シングルページ」流行の7つの理由と最新事例まとめ 705
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング