このページの本文へ

Webディレクション最新キーワード ― 第18回

JWDA

Webディレクターが身につけたいコミュニケーション術

2010年12月17日 11時00分更新

フライング・ハイ・ワークス

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
web-keyword

 Webディレクターが制作プロジェクトを進めるうえで重要なのが、スタッフとのコミュニケーションです。

 クライアントとの打ち合わせに制作スタッフが同行した場合はクライアントの意向が直接伝わりますが、業務の都合などで同行できないこともあります。その場合は、ディレクターがクライアントの意向を制作スタッフへ伝える必要があります。ただし、クライアントが言ったことをそのまま伝えるだけではディレクターが存在する意味がありません。

 クライアントとスタッフの間に入り、お互いの意思の疎通を手助けすることがディレクターの役目です。スタッフとのコミュニケーションにおいては、デザイナーやプログラマーといった相手の立場や職種、さらにはスキルや個性に合わせた伝え方を考えなければなりません。

スタッフに合わせた伝え方を考える

 たとえば、「使いやすい問い合わせフォームを制作したい」というクライアントの依頼を例に考えてみましょう。デザイナーとプログラマーでは「使いやすい」の捉え方は違います。そのため、単に両者に「使いやすい問い合わせフォームを作って欲しい」と伝えるだけでは不十分です。

 デザイナーには入力項目やボタンをユーザーにわかりやすいデザインにしてもらうように指示を出します。一方、プログラマーには、プログラミングに重点を置いた指示を出します。具体的には、問い合わせ時にどのような入力項目をチェックするか、どのような画面遷移が使いやすいかなどを考えてもらいます。

 各スタッフの作業範囲に応じて、クライアントからの要望を咀嚼して伝えることが非常に重要です。

的確な指示で問われるコミュニケーション能力

メールだけではなく顔を合わせて打ち合わせする

 もう1つ、大事なことは、スタッフ全員が情報共有できる場をディレクターが提供することです。実際のサイト制作に入る前には必ず制作スタッフを集めて、打ち合わせの機会を持つようにしましょう。

 メールだけでのコミュニケーションは避けましょう。「メールを転送しておけば指示を出したことになる」とつい考えがちですが、受け取り方の違いなどでミスが発生しやすくなります。メールで指示をする場合にも、メール送信後に相手のタイミングを見て必ず直接説明する機会を設けるようにしましょう。

 社内でも社外でも制作指示を出すときにはコミュニケーション能力がとても大事です。制作スタッフにこまめ声をかけることで、スタッフも相談もしやすくなり、進捗もスムーズに進むようになります。

著者:フライング・ハイ・ワークス

東京都近郊(首都圏)を中心とし、企業サイトやキャンペーンサイトの制作、CMSの設置などを行なっているWeb制作会社。掲載実績数は300点以上。クライアントのその先にいるお客様の事を考えた「意味を持つデザイン」と「訴求するコンテンツ」を提供する事を使命とし、ディレクターを中心にフットワークの軽さときめ細かい対応で制作を行なっている。

書影

書籍版は、企画・設計・制作・運用など、Webディレクション業務の大まかな流れに沿って構成。最新情報を盛り込み、書き下ろしのコラムや用語集も収録しました。ずっしり重い1030g、厚さ19.5mmで、苦手分野を穴埋めしたい新米Webディレクターや、これからWebディレクターを目指す方におすすめの1冊です。

Webディレクション標準スキル152

本体 4,280円+税、AB判392ページ(オール4色刷)
ISBN:978-4-04-868746-1

Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

JWSDA:日本Webソリューションデザイン協会からのお知らせ

この連載が本になりました!!

書籍版は、企画・設計・制作・運用など、Webディレクション業務の大まかな流れに沿って構成。最新情報を盛り込み、書き下ろしのコラムや用語集も収録しました。ずっしり重い1030g、厚さ19.5mmで、苦手分野を穴埋めしたい新米Webディレクターや、これからWebディレクターを目指す方におすすめの1冊です。

Amazonで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

一覧へ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング