このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

これが最後のサクラ! セガ、DC版『サクラ大戦4』を来春発売

2001年06月25日 19時01分更新

文● 編集部 桑本美鈴

(株)セガは25日、ドラマチックアドベンチャーゲーム『サクラ大戦』シリーズに関する発表会を東京/帝国ホテル“桜の間”で開催、最新作となるドリームキャスト(以下、DC)用ゲームソフト『サクラ大戦4~恋せよ乙女~』を2002年春発売すると発表した。

サクラ大戦キャスト
発表会に華を添えてくれたおなじみのサクラ大戦キャストの皆さん。右から、西原久美子さん(アイリス役)、高乃麗さん(マリア・タチバナ役)、横山智佐さん(真宮寺さくら役)、富沢美智恵さん(神崎すみれ役)、伊倉一恵さん(レニ・ミルヒシュトラーセ役)

これが最後のDC版サクラ

サクラ大戦4は、『サクラ大戦』から『サクラ大戦3』までの流れを引き継いだ正統な続編タイトル。3までに登場した“帝都華撃団・花組”と“巴里華撃団・花組”のキャスト13人がすべて登場し、この13人から自分だけのオリジナル華撃団を編成できるという。

また同社は、サクラ大戦のオンラインコミュニティーソフト『サクラ大戦オンライン(仮)』(DC用)を12月に発売する。サクラ大戦オンライン(仮)は、同社のオンラインテーマパーク“open dice”の対応ソフトで、ファン同士のコミュニティーや各種イベントをオンライン上で展開できる。帝都を舞台にした“帝都バージョン”と、巴里を舞台にした“巴里バージョン”の2バージョンを同時発売するという。さらに、DC版を発売以降、プレイステーション2(以下、PS2)版やPC版も発売するとしている。

さらに、ゲームボーイ用タイトルとして、『サクラ大戦GB2 サンダーボルト作戦』もリリースする。プレイヤー自らが帝国華撃団の一員となり活躍するRPG。

サクラ大戦の総合プロデューサーである広井王子氏は、「すでに発表しているPS2版サクラ大戦と、ゲームボーイカラー用のサクラ大戦GB2、サクラ大戦オンラインの3タイトルはかなり以前から制作が進行していた。一方で、サクラ大戦3を発売後、ユーザーから多くの反響をもらった。サクラ大戦3でサクラが終わりとは言っていない以上、サクラ大戦3で終わらせる訳にいかないというのがスタッフ一同の結論。来年春までに1年がかりでサクラ大戦4を作る。シナリオは上がった。素晴らしい作品になる。桜が咲いているころに“DCファイナル”というタイトルを付けてリリースする」

「内容は、サクラ大戦1から3までの正統的な続編。ひと通り話に決着が付くイメージを考えている。オールスターキャストで、スペシャル番組的に密度を濃く作る。システム上、キャスト13人の分岐ができるかを検討し、可能だという結論に達した。最終的には、13人の中から自分だけの編成華撃団(大神華撃団と呼んでいる)を作れる。これはスタッフからユーザーへのプレゼントだ。DCで作る最後のサクラになる」と宣言した。

広井王子氏
広井氏。「サクラ大戦4のタイトル“恋せよ乙女”は与謝野鉄幹の詩から取った。詩の全文を読むとソフトの内容もわかってもらえると思う」

ついにスクリーンデビュー

また、サクラ大戦がついに映画化、劇場版アニメーション『活動写真 サクラ大戦』として12月に全国放映される。配給は東映(株)。ストーリーは、サクラ大戦3と表裏をなすもので、花組隊長の大神中尉が巴里に行った間、帝都で花組に危機が迫るというもの。ゲームと同じく、アニメ(2D)とCG(3D)の融合がなされている。原作は広井王子氏、スーパーバイザーはあかほりさとる氏、キャラクター原案は藤島康介氏、音楽は田中公平氏、エグゼクティブプロデューサーは大月俊倫氏。アニメーション制作は(株)プロダクションI.Gが担当する。製作費は5億円。なお、7月8日に都内ホールで映画音楽の公開録音を実施、ファン1000人を限定で招待する。その際、ホール内でファンの拍手や歓声入りの音楽が録音され、それが映画に利用されるという。

劇場用アニメポスター『活動写真 サクラ大戦』のポスター

さらに、恒例となったサクラ大戦歌謡ショウ五周年記念公演『海神別荘』(泉鏡花作)が、8月10日から18日まで東京/新宿の東京厚生年金会館で行なわれる。8月13日には、巴里花組特別ミニライブショウも実施される。

歌謡ショウ
歌謡ショウ『海神別荘』の衣装を着たキャストの2人

セガ特別顧問の香山哲氏は、「ゲームから始まり、舞台、TVアニメと展開してきたが、今回スクリーンに登場でき喜んでいる。セガとしては始めて、中心となって映画製作を行なう。角川書店、東映と座組みができてうれしい。今回の映画が今冬のムーブメントとなり、新しいファンを獲得できるだろう」

「ゲームについても活動写真に併せていくつか発表する。すでに発表しているPS2版は2002年にリリースする。また、ゲームボーイカラーでサクラ大戦GB2を提供する。さらに、、映画に併せてサクラ大戦オンラインをDC版で開発し、映画と同時期にDCユーザーに提供する。その後、PS2版も予定しているが、PS2のネットワーク環境が整備しきれてないので現時点でリリース時期は発表できない。しかしクロスプラットフォームということで進めている。そして、DCの最後を飾る大作として感謝の意味を込めてサクラ大戦4を提供する」としている。

セガ香山氏
セガ特別顧問の香山哲氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン