このページの本文へ

【東京ゲームショウ'99秋 レポート Vol.7】ついに『ドラゴンクエストVII』が登場---城も町も自在に視点変更できる!

1999年09月17日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“東京ゲームショウ'99秋”のエニックスのブースで、ついにプレイステーション用ソフト『ドラゴンクエストVII-エデンの戦士たち』が登場、実機によるプレイが可能となった。“体験版”としてストーリー開始直後の町と城の中だけのプレイとなったが、事前のアナウンス通り、自在に動く視点変更を楽しむことができる。一方で“ドラクエ”テイストも濃厚に漂い、ファンにとっては最高に期待が高まるデモとなった。

エニックスブースは巨大なスライムがお出迎え
エニックスブースは巨大なスライムがお出迎え



同社のブースでは、ドラクエVIIを最大限にフィーチャー。ドラクエのデモスペースはブース2階に設けられ、階段を上ると合計47台の液晶ディスプレーがドラクエ専用にずらりと並ぶ。

ずらりとディスプレーが並ぶドラクエ専用スペース
ずらりとディスプレーが並ぶドラクエ専用スペース



実際のプレーでは、体験版とあって町からは出られず、戦闘などは見ることができなかった。しかしコントローラーの“L1”“R1”ボタンを押すと、町の中はもちろん、建物の部屋の中でも、主人公を中心に周囲がスムーズに回転。斜め上方からの視点のみだった前作から比べると、進化をはっきりと感じられる。

確かにドラゴンクエストVII
確かにドラゴンクエストVII



L1かR1ボタンで自在に視点変更が可能。主人公を中心に
L1かR1ボタンで自在に視点変更が可能。主人公を中心に


ぐるぐる周囲が回転し、仮想世界を3次元的によりリアルに
感じられるようになっている



視点が変更できるため、立体的な建物の構成が可能と
視点が変更できるため、立体的な建物の構成が可能と


なった。視点変更を使った“死角のトリック”なども用意
されているのだろう…

早速ちいさなメダルをゲット! たんすが開く際の動きなど、
早速ちいさなメダルをゲット! たんすが開く際の動きなど、


細部も作り込まれている

体験版ということで、町の外には出られない。期待の
体験版ということで、町の外には出られない。期待の


戦闘シーンは見られなかった

同社の担当者によれば、発売日は未定のまま。「早く発売したいのですが…」とのことで、ユーザーとしてはますます待ち切れなくなる(?)デモプレーとなった。

プレイステーション2関係の展示はなかったが、『VALKYRIE PROFILE』も強力プッシュ。『スターオーシャン2nd』のチームが開発したパーティープレーによるRPG。100万本以上の売り上げを目指している。11月25日発売で、価格は6800円
プレイステーション2関係の展示はなかったが、『VALKYRIE PROFILE』も強力プッシュ。『スターオーシャン2nd』のチームが開発したパーティープレーによるRPG。100万本以上の売り上げを目指している。11月25日発売で、価格は6800円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン