このページの本文へ

ジェイアール総研情報システムの「Next-M/Rail」

iPhoneで動く、鉄道「業務向け」アプリが登場

2008年12月08日 11時43分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジェイアール総研情報システムは8日、iPhone/iPod touch向の鉄道業務支援アプリ「Next-M/Rail」を開発したと発表した。

運行状況 Next-M/Railで運行状況を表示したところ

 駅係員や保守作業員を支援するためのソフト。具体的には、運行計画や運行案内、座席予約、旅客流動のシミュレーション、設備管理といった情報をiPhone/iPod touchで得られるようになる。

 ジェイアール総研情報システムによれば、携帯端末による鉄道業務の支援は以前から実施されてきているが、データ入力のしやすさや画面の視認性など多くの問題があって、必ずしも普及しているとは言えない状況とのこと。Next-M/Railは、iPhone/iPod touchのユーザーインターフェースを利用することにより、そうした過去の端末より視認性や操作性を向上したという。今後、航空や船舶といった分野への適用も検討する予定だ。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中