このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

配信前にちょいと新宿オフィスで体験してきた!

ワイヤーアクションゲームの原点がもうすぐ復活!

2008年07月23日 21時00分更新

文● 飯塚/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII.jpでも以前、第一報としてお伝えした2つの「バイオニックコマンドー」のうち、1988年にファミコン向けに発売された「ヒットラーの復活」の次世代機向けリメイク「バイオニックコマンドー -マスターD復活計画-」が、7月末に配信開始されることがわかった。

バイオニックコマンドー
バイオニックコマンドー -マスターD復活計画-

 機種ごとの配信日と価格については以下の通り。

Xbox 360(Xbox LIVE アーケード)
配信日:7月30日(水)
価格:800マイクロソフトポイント(1200円相当)
PS3(PLAYSTATION Store)
配信日:7月31日(木)
価格:1200円

謎の関西風外国人プロデューサーが
カプコンのアクションゲームを熱く語る!

BIONIC COMMANDO
見た目は外国人だが、話す言葉は関西弁のプロデューサー ベン・ジャッド氏

 今回の配信開始にあたって、カプコンはプレス向けの体験会を開催。流暢な関西弁を操る謎の外国人プロデューサー ベン・ジャッド氏によるプレゼンテーションが行なわれた。配信直前ということで実機によるゲーム紹介が行なわれたほか、いち早く本タイトルをプレイすることができた。プレイレポートは、記事の後半にてお届けするのでお楽しみに!

 さて、バイオニックコマンドー -マスターD復活計画-のプロデューサーを務めるジャッド氏だが、大のカプコン2Dアクションゲーム好き。「最近は3Dのゲームばっかりが出てきているが、アクションゲームのルーツは2D」と語り、「『ヒットラーの復活』(海外ではバイオニックコマンドー)は、日本ではそれほど売れなかったけど、アメリカではカルト的な人気を誇っている。本作はオリジナルが好きな人たちで作られています」と述べた。

 旧作のアクションゲームのリメイクと言うと心配されるのが難易度だが、ジャッド氏は「カプコンは『魔界村』や『ロックマン』など、20年前から“面白いけど難しい”と言われるゲームを作ってきていて、『バイオニックコマンドー』もその1つ。では、オリジナルは何が難しかったのかというと、独特のワイヤーによるスウィング動作が難しかった。リメイク版でのβテストでは、あまりアクションゲームをやらない人にプレイしてもらいましたが、スウィングを理解できない人が多かったんです。これに対する解決策としては“チュートリアル”と“難易度”を設定しました」と説明した。
 チュートリアルでは、ワイヤーを投げる方向など、動作の基本を学べる。難易度はイージーからハードの3種類と、隠し難易度1種類の計4種類を用意。イージーでは落とし穴の上にアシストブロックを設置し、落下死の危険を少なくしている。逆にハードではオリジナルよりも難しくなっているという。

ワイヤー
斜めにワイヤーを引っかけて飛んだ後に、またワイヤーを引っかけて飛ぶという連続技も。この独特の操作が気持ちよい

 また、本作はプレイヤー2人による協力プレイのほか、4人まで遊べる対戦プレイに対応しているが、どちらも残念ながらオンラインには対応していない。理由としては簡潔で「プレイヤーを追加したら面白い、ということに気づいたのが遅かったから」だという。「オンラインに対応したほうが面白いというのは分かっていたが、オンラインに対応することでバグの対処など開発期間が延びてしまう。今回は早くリリースすることを選んだ」と語った。

協力プレイ 協力プレイ
オフラインのみとなるが、協力プレイでは1人プレイとはまた違った面白さだ
対戦プレイ
プロデューサーのジャッド氏と開発陣とのプレイ。さすがの試合運びで大人げなくストレート勝ちをしていた

前へ 1 2 3 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社