このページの本文へ

バックアップを別のハードディスクに引き継げる?

2008年04月22日 06時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】バックアップを別のハードディスクに引き継げる?


  • a.できる
  • b.できない
  • c.オンラインウェアを使えばできる

【答】

 Time Machineでは、空き容量が少なくなってくると自動的に古いデータが削除されてしまうが、せっかくのバックアップはなるべく残しておきたいもの。

 容量が少ないときは、Time Machine用のハードディスクをより大容量に替えるのが効率的だが、新たに交換したハードディスクを単純にバックアップ先に指定し直しただけでは、過去のデータの参照ができない。

 そこで、それまで使っていたハードディスクの内容を丸ごと新しいハードディスクにコピーするのがお勧めだ。とはいえ、新しいハードディスクに通常コピーするだけではTime Machineで利用できない。

 Time Machineで利用するなら、最初に新旧のハードディスクを同じ名前にしておき、Time Machineを一時停止しておく。

OSXQUIZ 復元の実行前に、これまで使ってきた古いハードディスクと、新しいハードディスクの名前を同じにしておく
OSXQUIZ Time Machineの機能の一時停止は、「入/切」のスイッチをクリックして、「切」側にスイッチを切り替えればいい

 そしてディスクユーティリティーの「復元」機能を利用しよう。

OSXQUIZ 「ソース」に既存のハードディスクを「復元先」に新しいハードディスクを指定。「復元先を消去」にチェックを入れて「復元」ボタンをクリック

 復元とは「ソース」に指定したハードディスクの内容を「復元先」にそっくりそのまま再現する機能のこと。答えはaだ。


(MacPeople 2008年4月号より転載)


カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中