このページの本文へ

Time MachineでAirMac Diskを選択できる!!

アップル、「Time Machine および AirMac アップデート 1.0」を公開

2008年03月21日 04時46分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は20日、「Time Machine および AirMac アップデート 1.0」と「Time Machine および AirMac ベースステーション(802.11n)ファームウェアアップデート 7.3.1」を公開した。「ソフトウェア・アップデート」経由のほか米アップルのウェブサイトからダウンロードできるが、記事執筆時点では日本語のダウンロードサイトには掲載されていない。

ソフトウェアアップデート 記事執筆時点では、「ソフトウェア・アップデート」経由のほか米アップルのウェブサイトからダウンロードできる。なお、Time MachineとAirMacベースステーションのファームウェアアップデートは、「AirMacユーティリティ」から実行できる。アップデート後は再起動が必要だ

本アップデーターではTime MachineTime Capsuleとともに使用する際の互換性が改善されたほか、無線LANベースステーション「AirMac」シリーズ用のドライバーを修正。AirMac Extremeベースステーションのディスク共有機能「AirMac Disk」で共有するストレージをTime Machineのバックアップ先として選択可能になる


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中