このページの本文へ

ついに日本でも触って試せる

iPod touchの店頭販売がスタート!

2007年10月05日 10時40分更新

文● ASCII.jp編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルジャパン(株)は5日、米アップルの直販店「Apple Store」にてタッチパネルを搭載した携帯型音楽プレーヤー「iPod touch」の発売を開始した。東京・銀座にあるApple Store Ginzaでは、平日にも関わらずインターネットなどで発売開始の情報を得たユーザーが開店前に列を作り、iPod touchの入手を心待ちにしていた。

iPod touch
「iPod touch」
Apple Store Ginza前 行列
東京・銀座にあるアップルの直営店「Apple Store Ginza」の前。10時時点で100人以上のファンが詰めかけていた。10時30分現在でも、店先には行列が続いておりその人気の高さをうかがわせる

 iPod touchの出荷は製品発表時、9月28日までと言われていた。9月中頃に米国で発売が開始され、9月末には国内でもオンラインのApple Storeで予約したユーザーのうち、一部の人の手元に届いていた(関連記事その1その2その3)。今回、店頭販売が始まったことで、ようやく日本のユーザーも展示機に触れて、iPod tocuhの操作感を実際に確かめられるようになったわけだ。

 アップルジャパン広報によれば、Apple Storeのうち本州の店舗は午前、北海道と九州の店舗は午後にiPod touchが発売されるとのこと。一般販売店での販売も本日より行なわれるが、アップルジャパン広報は「恐らく入荷した製品は予約注文分ですべて出てしまうのでは」と予想している。

 ちなみに銀座店の在庫を聞いてみると、「今日、明日持つくらいなのでは」と答えてくれた。ただし次回の入荷予定は来週なので、今回買い逃してもそこまで長期間待たずに手に入れられるかもしれない。

1F入り口の展示機 1Fの展示機
店内の様子。Apple Store Ginzaでは1/2/4階に合計31台の展示機を用意していた
オープン直後 先頭の方
オープン直後の様子。飛ぶようにiPod touchが売れていく行列の先頭の方は1時30分から寝ずに並んでいたのこと。第一印象は「iPod touchサイコー!!」

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中