このページの本文へ

飛鳥、カードバスとUSBに対応したポータブルHDD『HD32F』を発売

2007年07月25日 20時08分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)飛鳥は25日、携帯電話機のような折りたたみ式デザインを採用した、1.8インチHDD内蔵のポータブルHDD『HD32F』を同日付けで販売開始したと発表した。ラインナップは20GBモデル40GBモデルを用意する。価格は直販サイト“飛鳥ダイレクトショップ”で20GBモデルが1万4700円、40GBモデルが2万7825円。

利用イメージ利用イメージ
HD32F
HD32F

HD32Fは、CardBus(TypeII)とUSB 2.0(Hi-Speed対応)/1.1のインターフェースを備えたポータブルストレージ。本体デザインに携帯電話機のような折りたたみ式を採用しているのが特徴。本体の前面パネルは、ユーザーが好みに合わせて取り替えられる“HD アートパネル”を採用している。データ転送速度はUSB 2.0接続時は最大約480Mbpsだが、CardBus利用時には約1056Mbps(ともに理論値)の高速転送が行なえる。内蔵されている1.8インチHDDは本体に固定されており、交換は行なえない

電源はUSBバスパワーもしくはCardBus経由による給電で、消費電力は最大2.1W。本体サイズは幅116×奥行き18×高さ57mm、重量は約120g。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Mac OS X 10.1以降。ドライバーはHDDに内蔵されており、同梱されているUSBケーブルでパソコンに接続すれば自動でインストールされる。USBケーブルのほか、HD アートパネル×2などが付属される。

カテゴリートップへ

最新記事

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

デル株式会社