このページの本文へ

どうしたら萌えてもらえるか……。川元由香の結論はスクール水着だった!!

2007年02月13日 23時40分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

――究極の“萌え”とは何か?

真面目に考えようとすればするほど深みにはまりそうなテーマだが、アイドルでそれに挑戦した勇者がいる。熊本県出身の天然系、元・歯科医受付嬢という経歴を持つ川元由香さんだ。11日に秋葉原の石丸電気ゲームワンで開催されたDVD『Monopolize~ひとりじめ~』(発売:トリコ/3990円)の発売記念イベントに、スクール水着で撮影タイムに臨むという驚愕の弾けっぷりを見せた。

川元さんは日テレ系で放送中のシュールな深夜番組「ルドイア☆星惑三第」で“川元ベスタ”としても活躍中。番組内で「にゃんにゃんにゃん」を連呼するなど、もともと萌える要素は持っていたのだが、その反響はなぜか今ひとつ。「萌え~!!!」というファンからの熱い声援が欲しいと考えた末、今回のイベントでスクール水着を決意した模様だ。

さて、発売されたDVDについてだが、川元さんにとっては3本目。それ以前の作品よりも露出が多めで、特にお尻のラインがきれいに見える赤い水着のシーンなどが見どころ。細いウエストから、お尻に至るまでの美しいくびれが楽しめるというわけだ。ぱっと見は見事なロリ顔なのに、このサービスぶりは好印象である。

イベントではさまざまな話題が出たが、DVDのタイトルにちなんだ「独り占めしたいもの」については、問屋街として有名な合羽橋(台東区)を挙げていた。食品サンプルや食器を見るのが好きでしょっちゅう行っている様子。「もしあれば、合羽橋のイメージガールになりたい!!」と話していた。

こんな川元さん、春には出演する特撮DVD『超光部隊バードソルジャー』が発売される予定。また、川元ベスタとしてもさまざまなイベントなどが企画されているという。それにしても、着ていたスクール水着はダブルフロントの旧式。リックドムではないが、スカート型と呼ばれるもので、萌え度は絶対領域に勝るとも劣らないレベルだった。

DVDのタイトルにちなんだ「独り占めしたいもの」については、問屋街として有名な合羽橋(台東区)を挙げていた。食品サンプルや食器を見るのが好きでしょっちゅう行っている様子。「もしあれば、合羽橋のイメージガールになりたい!!」と話していた

■プロフィール

川元由香(かわもと・ゆか)
生年月日:1984年4月23日生まれ
出身地:熊本県出身
血液型:A
サイズ:T158、B84、W56、H84
趣味:三線(沖縄の三味線)、イラストを描くこと
特技:パソコンのブラインドタッチ

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社