このページの本文へ

このスタートアップに聞きたい

このスタートアップに聞きたい

いま話を聞いてみたいスタートアップのビジネスやテクノロジーをピックアップ。技術はもちろん、プロダクト・ソリューション・ビジネスモデルなど、先端を突き進む起業家の声を聞く。

2021年07月27日 09時00分更新

文● ASCII STARTUP編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 「防ぎ得た急変なくしたい」現場における情報共有の課題を解決するCROSS SYNC

    2021年07月27日 09時00分

    重症患者の重症度をスマホでリアルタイムにチェックできるシステム「iBSEN」を提供

    第41回  「防ぎ得た急変なくしたい」現場における情報共有の課題を解決するCROSS SYNC

    株式会社CROSS SYNCは横浜市立大学附属病院の医師・高木俊介代表が設立した医療ベンチャーで、急性期にある重症患者のバイタルをスマホでリアルタイムにチェックできるシステム「iBSEN」(イプセン)を通じて医療現場のデジタル化を進めようとしている。

  • 誰もが安心して、安全に乗れる電動キックボードとは 日本発設計でブレイク寸前の市場に挑むFreeMile

    2021年07月21日 09時00分

    第40回  誰もが安心して、安全に乗れる電動キックボードとは 日本発設計でブレイク寸前の市場に挑むFreeMile

    自社開発した電動キックボードをFreeMileというブランドで展開しているクリエイティブジャパン株式会社の代表、三本 茜氏のインタビューから、現在の電動キックボードが抱える課題と、将来に向けた取り組みをレポートする。

  • 500社超の企業が利用するモバイル・ウェブアプリ対応の国産AI自動テストツール「Magic Pod」

    2021年07月07日 10時00分

    開発のTRIDENTが11兆円超を見こむ世界市場を視野に入れた資金調達を実施

    第39回  500社超の企業が利用するモバイル・ウェブアプリ対応の国産AI自動テストツール「Magic Pod」

    株式会社TRIDENTは、AIを活用した自動テストツール「Magic Pod」の開発・運営を行ない、高い評価を受けている。国産ITツールとして、モバイル・ウェブアプリのテスト自動化の世界市場を目指す同社の狙いをTRIDENTの代表取締役である伊藤 望氏に伺った。

  • 上司と部下の負担を減らしつつ、対話から組織の質を高める「カケアイ」

    2021年07月06日 09時00分

    1on1ミーティングで社員の悩みとスキルアップを支援する

    第38回  上司と部下の負担を減らしつつ、対話から組織の質を高める「カケアイ」

    株式会社KAKEAIは1on1にフォーカスしたコミュニケーションプラットフォーム「カケアイ」の開発・販売を行なっているスタートアップだ。代表取締役CEOの本田 英貴氏に、特徴やサービス内容についてお話を伺った。

  • 眼科医の診断ロジックをiPhoneで再現 スマホアタッチメント診療デバイス「Smart Eye Camera」

    2021年06月25日 09時00分

    2025年までに世界の失明を50%なくす

    第37回  眼科医の診断ロジックをiPhoneで再現 スマホアタッチメント診療デバイス「Smart Eye Camera」

    OUI Inc.は、慶應義塾大学医学部の眼科医3名で起業した大学発ベンチャー。iPhoneのカメラと光源を眼科診断に必要な3つの光に変換する「Smart Eye Camera」を使って2025年までに世界の失明を50%なくすのが同社の目標だ。

  • 月額550円から従業員の健康をデータで改善 クラウド産業医による健康経営サービスを提供するリバランス

    2021年06月15日 09時00分

    リモートワークで従業員の健康状態を把握しづらい環境でも導入可能

    第36回  月額550円から従業員の健康をデータで改善 クラウド産業医による健康経営サービスを提供するリバランス

    株式会社リバランスは、システム×プロ産業医による「健康経営」クラウドサービスを提供している。従業員の勤怠、健康診断、ウェブ問診の3つのデータを独自のアルゴリズムで分析し、リスクが見つかると産業医や保健師がチェックして解決策のコメントを付けて月に1回レポートを作成するというもの。

  • 記憶することの負荷ゼロ目指す 成績アップ最短距離を走るeラーニングシステムMonoxer

    2021年06月18日 09時00分

    AIや独自アルゴリズムで教師の負担を軽減し、生徒の成績向上を実現する

    第35回  記憶することの負荷ゼロ目指す 成績アップ最短距離を走るeラーニングシステムMonoxer

    モノグサ株式会社は、生徒の「覚える」を支援することに注力したサービス「Monoxer」を提供しているEdTechスタートアップ。創業者CEOの竹内 孝太朗氏に、サービスの特徴や新機能について興味深い話を伺ったので紹介する。

  • 設備のアナログメーターをAIでデジタル化 世界中のプラント・工場を簡易にIoT化する「リルズゲージ」

    2021年06月04日 09時00分

    ネットワークや電源がない過酷な設備に耐えるIoTカメラに挑戦

    第35回  設備のアナログメーターをAIでデジタル化 世界中のプラント・工場を簡易にIoT化する「リルズゲージ」

    独自開発したIoTカメラとAIの組み合わせによるサービス"リルズゲージ"を開発・販売しているリルズの大西 敬吾代表取締役社長に、その機能や今後の進化の方向性について話を伺った。

  • 独自開発の建設用3Dプリンターで建設業界をアップデートするPolyuse

    2021年04月21日 09時00分

    ガレージから生まれるテクノロジーが世界を変える

    第34回  独自開発の建設用3Dプリンターで建設業界をアップデートするPolyuse

    Polyuseは建設業界の課題解決に向けて、独自開発した建設用3Dプリンターを活用したソリューションの開発を進めている。同社代表の岩本 卓也氏と大岡 航氏に、最新の開発状況についてお話を伺った。

  • 狙いは核融合炉実現の先 脱炭素利用を目指す京都フュージョニアリング

    2021年04月20日 09時00分

    発電にとどまらない、脱炭素・宇宙にも進出を目指す核融合スタートアップ

    第33回  狙いは核融合炉実現の先 脱炭素利用を目指す京都フュージョニアリング

    京都フュージョニアリング株式会社は、京都大学発の核融合スタートアップ。核融合エネルギーの実用化に向けて、発電と燃料サイクルのための排気系とブランケットを始めとする主要コンポーネントの研究開発に取り組んでいる。同社の特徴は、発電だけでなく、その先にカーボンの固定化による脱炭素を目指していることだ。Co-Founder/CEOの長尾 昴氏とCo-Founder/Chief Fusioneerの小西 哲之氏に、同社の技術と脱炭素の仕組みについてお話を伺った。

  • 巷でホットな「秘密計算」って何? 暗号化したままデータ連携・リモートAI解析を進めるEAGLYS

    2021年04月16日 09時00分

    第32回  巷でホットな「秘密計算」って何? 暗号化したままデータ連携・リモートAI解析を進めるEAGLYS

    秘密計算技術をデータベースやAIモデルに応用したDataArmorシリーズを開発しているEAGLYS株式会社のCEO 今林 広樹氏に、秘密計算とは何か、秘密計算技術の活用で実現する未来について伺った。

  • 労働集約からデータ集約へとフラワーデリバリーを変革するHitoHana

    2021年03月23日 10時00分

    花きEC事業で急速成長するBeer and Tech

    第31回  労働集約からデータ集約へとフラワーデリバリーを変革するHitoHana

    サイト上にアップされている実物写真から、ユーザー自身の希望に最も近いものを選択して花束の作成を依頼することができる花卉及び観葉植物の通販事業「HitoHana」を展開するBeer and Techの森田憲久CEOに、ビジネスモデルと将来ビジョンについて話を伺った。

  • 土木データでも世界との遅れに危惧 災害多発国家日本を守る3D点群データの可能性

    2021年03月04日 08時00分

    クラウド・自動化・AI対応を進める点群データ解析プラットフォーム"ScanX Cloud"

    第30回  土木データでも世界との遅れに危惧 災害多発国家日本を守る3D点群データの可能性

    地表や建築物の状況を3Dスキャナで撮影した点群データの解析ソフトウェアプラットフォーム"ScanX Cloud"を提供するスキャン・エックスの宮谷 聡CEOにお話を伺った。

  • 飲食店オリジナルメニューの仕込みや加工を少ロットからネット注文できる「ロカルメオーダー」

    2021年02月16日 08時00分

    第29回  飲食店オリジナルメニューの仕込みや加工を少ロットからネット注文できる「ロカルメオーダー」

    スパイスコード株式会社は、日本のフード産業のDXを促進し、サプライチェーンの最適化に取り組む2019年創業のフードテックスタートアップ。食品工場をネットワーク化し、仕込みに時間がかかる煮込みやオリジナルソースなどの食品の製造をネットで発注できるサービス「ロカルメオーダー」開発の背景、少量多種のOEMを可能にするための仕組みについて聞いた。

  • 手書き学習のモチベーションがアップするペン用IoTアタッチメント「Penbe」

    2021年02月04日 18時00分

    第28回  手書き学習のモチベーションがアップするペン用IoTアタッチメント「Penbe」

    「Penbe」は、シャープペンシルなどをIoT化して、学習過程を記録し、前向きに学ぶ習慣をつけるためのペン用IoTアタッチメント。本体に加速度センサーとBluetoothを搭載し、ペンの動きを読み取り、学習記録をスマホアプリで見える化する。スマホアプリには、科目別の学習時間のグラフ化、保護者への通知、友達とのシェア、育成ゲームなど機能を搭載する。2021年1月から試作品によるユーザーテストを開始し、2月4日の正式なサービス提供に向けて開発を進めている。

  • 医師を超えたAIで胃がん見逃しゼロを目指すAIメディカルサービス

    2021年02月03日 08時00分

    100以上の医療機関との共同研究による圧倒的なデータ基盤

    第27回  医師を超えたAIで胃がん見逃しゼロを目指すAIメディカルサービス

    AIメディカルサービスは、内視鏡の画像をAIが解析、胃がんの可能性を判定するソフトウェア「胃がん鑑別AI」を開発中だ。

  • 転んだときだけ柔らかい床とマット「ころやわ」 自動車工学の衝突技術を応用

    2020年12月14日 09時00分

    バイクの衝撃吸収技術を応用したクッション構造体が高齢者の転倒骨折を防ぐ

    第26回  転んだときだけ柔らかい床とマット「ころやわ」 自動車工学の衝突技術を応用

    株式会社Magic Shieldsは、医療機関・介護施設向けに骨折予防対策となる床とマット「ころやわ」を開発・販売しているスタートアップ。「ころやわ」は、自動車工学の衝突技術を応用し、強い力が加わったときだけ硬さが変わる特殊な構造体が用いられており、歩行の安定性に優れ、転んでも骨折しにくいのが特徴だ。

  • 鉄道の10分の1で安く早く作れる、安全な都市交通システム:自走式ロープウェイ「Zippar」

    2020年11月30日 09時00分

    プロトタイプでの走行実験を展開

    第25回  鉄道の10分の1で安く早く作れる、安全な都市交通システム:自走式ロープウェイ「Zippar」

    Zip Infrastructureは、自走型搬器をベースにした新しい交通インフラ「自走式ロープウェイ(Zippar)」を開発する2018年設立のスタートアップ。従来の鉄道や地下鉄に比べて、約10分の1のコスト・期間で建設でき、都市部の渋滞解消や新興国のインフラ整備として期待される。

  • 副業・兼業から地方創生を目指す 地方企業に特化した人材マッチング「JOINS」

    2020年11月10日 09時00分

    第24回  副業・兼業から地方創生を目指す 地方企業に特化した人材マッチング「JOINS」

    「JOINS」は、人材不足に悩む地方企業と都市部の人材をつなぐ、副業・兼業専門の人材シェアリングサービス。JOINS株式会社代表取締役の猪尾 愛隆氏にサービスの背景と概要を伺った。

  • 日本語で東大生超えの自然言語処理スコアを出すAI「ELYZA Brain」

    2020年11月09日 09時00分

    PoCフェーズの企業に無償で提供するオープイノベーションを展開

    第23回  日本語で東大生超えの自然言語処理スコアを出すAI「ELYZA Brain」

    株式会社ELYZAは、人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を開発。最先端技術を武器に、社会実装を経て、事業開発までを視野に入れて活動している。

  • DX化を進める際の土台となるクラウド型製品マスタSaaSを開発するLazuliが5000万円調達

    2020年11月06日 19時20分

    同時に、日本ディープラーニング協会理事長の松尾 豊氏がAIアドバイザーに就任

    第22回  DX化を進める際の土台となるクラウド型製品マスタSaaSを開発するLazuliが5000万円調達

    Lazuliは11月5日、Coral Capitalおよび個人投資家を引受先としたJ-KISS型新株予約権方式による5000万円の資金調達を実施したと発表。

  • AI支援で出会いにも変化 恋愛ナビゲーションアプリ「Aill」への期待感

    2020年11月02日 09時00分

    大手企業282社が福利厚生として採用

    第21回  AI支援で出会いにも変化 恋愛ナビゲーションアプリ「Aill」への期待感

    株式会社AILL(エール)は、人と人とのコミュニケーションをアシストするAIを開発しているスタートアップ。果たしてAIはどんなアシストをしており、どのような変化があるのか。代表取締役の豊嶋 千奈氏に「AiLL」の開発の背景とAIアシストの内容について伺った。

  • 日本のCTO不足解消目指す 技術顧問による6ヵ月間のOJT付き採用支援サービス「CTOut」が始動

    2020年10月27日 10時00分

    第20回  日本のCTO不足解消目指す 技術顧問による6ヵ月間のOJT付き採用支援サービス「CTOut」が始動

    Value marketが10月22日にリリースした育成型・採用支援サービス「CTOut(シーティーアウト)」は、優秀なエンジニアを技術顧問の専属OJTでCTO/VPoEへと成長させることを目的としたもの。Value marketの代表取締役の内田 裕希氏と、同サービスで技術顧問を担当する尾藤 正人氏に、本サービスを企画した背景とその概要を伺った。

  • Slack上の自動翻訳チャットボット

    2020年10月26日 12時00分

    多言語間ビジネスコミュニケーションの課題解決に向けて国内外2000社が導入

    第19回  Slack上の自動翻訳チャットボット"Kiara" グローバル連携を加速

    株式会社キアラは、ビジネスチャットツールSlack上で動く自動翻訳チャットボット"Kiara"の開発・販売を行っている。かつての仕事上のパーソナルペインから得た着想で、グローバルビジネスを加速するツール"Kiara"をプロデュースする株式会社キアラの代表取締役の石井大輔氏に話を伺った。

  • 現場に負担を一切かけない原価管理システム「GenKan」

    2020年10月20日 12時00分

    多品種少量生産の中小製造業の原価削減を一気に加速

    第18回  現場に負担を一切かけない原価管理システム「GenKan」

    株式会社KOSKAは、製造業の原価管理をIoTで自動化するシステム「GenKan」の開発、販売を行っている。CEO/代表取締役曽根健一朗氏とCOO/執行役員王軒の王軒氏に「GenKan」について話を伺った。

  • NECの画像認識技術を応用 スマホで撮るだけの個体識別サービス「GAZIRU」

    2020年10月19日 10時00分

    RFIDタグやQRコードに代わるタグ不要の個体識別の新技術

    第17回  NECの画像認識技術を応用 スマホで撮るだけの個体識別サービス「GAZIRU」

    スマホカメラで簡単に個体識別ができる画像認証サービス「GAZIRU」をリリースしたGAZIRU代表取締役の福澤 茂和氏に話を伺った。

  • ビーコンインフラ本格化なるか 位置情報のプラットフォーム「Pinable」の可能性

    2020年09月18日 10時30分

    キーワードは、電池寿命アップや端末コスト減、しがらみのない経済圏での広範なアライアンス

    第16回  ビーコンインフラ本格化なるか 位置情報のプラットフォーム「Pinable」の可能性

    株式会社スイッチスマイルは、ビーコンを使った位置情報のプラットフォームを開発している。ビーコンインフラによって具体的に何が実現できるのか、代表取締役 長橋 大蔵氏に伺った。

  • コンビニ商品を30分以内に配送するiOSアプリ「QuickGet」

    2020年09月16日 09時00分

    コンビニ商品から高級スーパーの品物まで1000点以上をラインアップ

    第15回  コンビニ商品を30分以内に配送するiOSアプリ「QuickGet」

    レキピオが、最短5分、30分以内に商品を配送するデジタルコンビニサービス「QuickGet」を正式リリースした。

  • 最短時間で採用サイト完成 ITから遠い中小企業の雇用課題をAIでサポートする「SHIRAHA」

    2020年09月02日 09時00分

    国内初ハローワークとのAPI連携で採用ホームページが求人番号だけで完成

    第14回  最短時間で採用サイト完成 ITから遠い中小企業の雇用課題をAIでサポートする「SHIRAHA」

    2017年8月設立のHR Techスタートアップ株式会社HAB&Co.はの森 祐太氏に、地方の中小企業が抱える採用の課題、ハローワークのAPI連携の目的と今後の展望を伺った。

  • 高コストな産業用ロボットをAI・ハード・ソフト連携プラットフォームで変えるrapyuta.io

    2020年08月26日 09時00分

    現場のロボット群を最適化させるロボティクスプラットフォームを構築したRapyuta Robotics

    第13回  高コストな産業用ロボットをAI・ハード・ソフト連携プラットフォームで変えるrapyuta.io

    Rapyuta Roboticsは、ロボットと協働する社会を目指し、さまざまな種類のロボット同士がオープンにつながるロボティクスプラットフォームを開発している。同社の共同創業者であり代表取締役CEOのGajamohan Mohanarajah氏と執行役員の森 亮氏に、現在開発を進めているクラウドロボティクス・プラットフォームの仕組みと、物流業界向けの倉庫用ピッキングロボットについて伺った。

  • ガスボンベがキューブになる未来 小型軽量の次世代Gas as a Service「Cubitan」が持つ可能性

    2020年08月24日 08時00分

    京大発の素材ベンチャーがガス業界に革命を起こす

    第12回  ガスボンベがキューブになる未来 小型軽量の次世代Gas as a Service「Cubitan」が持つ可能性

    多孔性配位高分子(PCP/MOF)に特化した京都大学発ベンチャー「Atomis」は、次世代ガスボンベ供給サービス「CubiTan」の実用化に取り組んでいる。CEOの浅利 大介氏に、CubiTanの概要と実用化までの計画を伺った。

  • 海上Uberに期待 ゼロエネルギーの自動帆船ヨットを開発するエバーブルーテクノロジーズ

    2020年08月11日 09時00分

    自動操縦×帆船のテクノロジーで環境問題を解決

    第11回  海上Uberに期待 ゼロエネルギーの自動帆船ヨットを開発するエバーブルーテクノロジーズ

    エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、風力エネルギーを動力とする自動帆船ヨットを開発するスタートアップ。2020年7月には、全長2メートルクラスのオリジナル帆船型ドローン「Type-A」の海上での自動操船と自律航行テストに成功し、漁業向けの魚群探索や観光向けのビーチクルーズなどサービス化へ向けた開発を進めている。同社が取り組むのは、再生可能な海上エネルギーを活用して、自然破壊や地球温暖化などの環境課題を解決する、という壮大なプロジェクトだ。CEOの野間 恒毅氏に、現在のプロジェクトの進捗や実用化への課題について伺った。

  • マンガ機械翻訳システムの開発に本気で取り組む東大発AIスタートアップMantra

    2020年07月31日 10時00分

    マンガのサイマル配信を増やし、海賊版の撲滅を目指す

    第10回  マンガ機械翻訳システムの開発に本気で取り組む東大発AIスタートアップMantra

    多言語翻訳システム「Mantra Engine」をリリースしたAIスタートアップ、Mantra株式会社の代表取締役 石渡 祥之佑氏にMantra Engineの開発経緯や独自の翻訳技術について伺った。

  • アウトドア新市場を開拓 レンタルに特化したECモール・在庫管理ツールを提供するTENT

    2020年07月15日 09時00分

    新たなアウトドアファンの開拓を目指すTENT代表に話を聞いた

    第9回  アウトドア新市場を開拓 レンタルに特化したECモール・在庫管理ツールを提供するTENT

    TENTは、キャンプ用品レンタルサービス「TENTAL」の自社運営およびアウトドア用品のレンタルモール「カウリル」の運営、在庫管理システム「ZAIKA」を開発・提供するスタートアップ。アウトドアブームのなか、アウトドア用品やDIYグッズなど趣味領域にターゲットに、レンタル後に購入できるサービスとして、メーカーへの新たな市場の提供、消費者の購入体験を刺激することで新しいアウトドアファンの開拓を目指している。代表取締役 松田 基臣氏に、サービスを始めたきっかけと特徴を伺った。

  • デジタル・アセットを支える暗号化技術の研究開発に取り組むフレセッツ

    2020年06月30日 09時00分

    マルチシグと完全オフラインのコールドウォレットに対応 業界標準の暗号資産ウォレット管理システム「EMW」

    第8回  デジタル・アセットを支える暗号化技術の研究開発に取り組むフレセッツ

    フレセッツ株式会社は、仮想通貨交換所向け暗号資産ウォレットを開発するスタートアップ。フレセッツ株式会社COO兼CFOの柚木 庸輔氏に、同社の開発する仮想通貨ウォレット「EWM」の仕組みと、デジタル資産の展望について伺った。

  • 保険の請求もれを防ぐアプリ「保険簿」 保険マニアの社長に聞いた

    2020年06月25日 09時00分

    保険加入から請求までのワンストップ化を目指す

    第7回  保険の請求もれを防ぐアプリ「保険簿」 保険マニアの社長に聞いた

    株式会社IB(アイビー)は、保険の請求漏れをなくすことをミッションに2018年10月に設立したスタートアップ。個人向けの保険証券管理アプリ「保険簿」と、保険事業者向けの支援システム「保険簿for Business」を提供している。日本の保険制度の抱える課題、請求漏れをなくすための同社の取り組みについて伺った。

  • 濃密な国際交流授業を完全オンラインで実現するWith The World

    2020年05月18日 09時00分

    世界中の子どもたちが対話しながら社会課題に取り組むプラットフォーム構築を目指す

    第6回  濃密な国際交流授業を完全オンラインで実現するWith The World

    株式会社With The Worldは、世界中の学校をオンラインでつなぐ国際交流プログラム事業を展開している。中学・高校・大学向けのオンライン授業に加え、この春からは小学生を対象に自宅からオンラインで国際交流できる個人向けプログラム「Chat Time」もスタート。代表取締役社長の五十嵐 駿太氏にプログラムの目的や今後の展開について伺った。

  • AIにとらわれずデザイン思考ベースで医療現場の課題を解決する「Search Space」

    2020年06月24日 09時00分

    素早く実行に移すための事業ビジョンや課題解決プロセスへのこだわりとは

    第5回  AIにとらわれずデザイン思考ベースで医療現場の課題を解決する「Search Space」

    Search Space株式会社は、2019年8月に設立された医療AIベンチャーだ。心電図判読支援アプリの開発や大腿部骨折の自動検出など、AIやデータサイエンスを活用した医療・ヘルスケア領域での研究開発に取り組んでいる。同社の特徴は、デザイン思考による課題解決へのアプローチと、基礎研究を素早く実装させる独自の開発プロセスだ。同社のCEOとディレクターに、事業ビジョンや課題解決プロセスへのこだわりについて伺った。

  • 米国最大級の品揃えとミニボトルのサブスクで日本酒マーケット拡大に挑むTippsy

    2020年06月08日 09時00分

    日本酒ECビジネス「Tippsy Sake」を米国で起業

    第4回  米国最大級の品揃えとミニボトルのサブスクで日本酒マーケット拡大に挑むTippsy

    米国の日本酒Eコマース「Tippsy Sake」を運営するTippsy, Incは、2018年11月に設立したスタートアップ。品ぞろえの豊富さ、風味の特徴や料理との相性表示など日本酒の楽しみ方のわかりやすさが受け、着実にファンを増やしている。CEOの伊藤 元気氏に、日本酒のECを始めた理由、米国ならではの苦労点やビジネスで大事にしていることを伺った。

  • あらゆる情報が地図から取り出せる世界を目指す「Class Studio」

    2020年05月26日 09時00分

    開発の目的や今後の展開をクラスコンピュータ 代表取締役社長に聞いてみた

    第3回  あらゆる情報が地図から取り出せる世界を目指す「Class Studio」

    クラスコンピュータは、1993年設立のソフトウェア開発会社だ。創業26年目にして初の自社サービスであるオープンデータ活用プラットフォーム「Class Studio」をリリース。開発の目的や今後の展開を代表取締役社長の鈴鹿 守俊氏に聞いた。

  • 本当の好きを見つけるプロファイリングAIでサステナブルな世界を創る

    2020年05月13日 09時00分

    「Googleに行動を支配されている現状を変えたい」AIQ株式会社に話を聞いてみた

    第2回  本当の好きを見つけるプロファイリングAIでサステナブルな世界を創る

    AIQ株式会社は、InstagramなどのSNSに投稿された写真やテキストから趣味嗜好を解析するプロファイリングAI「LiveReal」を開発・提供する会社だ。嗜好性分析の精度が高まれば、いずれ産業構造は変わるかもしれない。同社CEOとCOOにLiveReal開発の経緯と今後の展開について伺った。

  • 完全副業・時短で女性起業家を羽ばたかせる日本発スタートアップファクトリー

    2020年05月11日 09時00分

    女性起業家を阻む3つのハードルとは?

    第1回  完全副業・時短で女性起業家を羽ばたかせる日本発スタートアップファクトリー

    株式会社uni'queは、“女性向けのサービスしかやらない”“全員副業”など一風変わった働き方が話題のITベンチャーだ。同社CEOの若宮和男氏に、女性に特化したサービス、女性起業家のサポート、副業の推進といった活動に取り組む理由を伺った。

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ