ASCII倶楽部

このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2019年版 ― 第30回

2019年12月24日放送

総額125万円PCがX'masイヴに奇跡を起こす!? スタジオ凍る極寒OC

2019年12月28日 12時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年12月24日(火)のデジデジ90は「総額125万円超えXeon超冷却OC!全コア5GHzで回せるのか!?」をお届けしました。

 今年、ジサトライッペイが約50万円で自腹購入した「Xeon W-3175X」……気がつけば皆様の前で自作してから半年以上が経過。

 あのXeonをさらに高みに持っていくために、今年最後のデジデジ90で生オーバークロックしちゃいます。みなさまの前で再びXeonが光り輝く姿をお楽しみください。

 出演はジサトライッペイとつばさです。それでは放送を振り返ります。どうぞ!

 まず今回イッペイがなぜ「Xeon W-3175X」をオーバークロックしようと思ったのでしょうか? その理由は今年グングン力を伸ばしてきたRayzenに対して「Intel CPUの力を見せつけてやりたい」という己のプライド! ライバルに勝利して年を納めたいとのこと。

 そしてライバルに勝つために用意した施策が「フルカスタム水冷」からの「チラー冷却」。そして……。

 OLIOSPECの松澤店長だぁ! 忙しい中駆けつけてくれました! 役者がそろったところで早速OCをしたいところではありますが……どうやらイッペイから報告があるみたいです。

 なんと半年前に購入した約10万円のチラーが初期不良品だったというのです。冷却用のファンが全く回らない状況とのこと。おかげでスタジオの窓を開け放ち、外気で冷やす手段に出たわけですが、そのせいで出演者、スタッフを含めた全員が極寒の中配信することとなりました。

 さて最初は定格でどのくらいCinebenchのスコアーが伸びるのかを見てみます。

 結果は「13124」。ちなみに目標は「16962以上」なのでまだまだという感じ。

 そこから徐々にクロック数を上げていき、電圧の調整を試みるも「フルカスタム水冷」ではクロック数4.8GHzでスコアーは「16179」が限界のようです。

 ならば! と出番が回って来たのはチラーです。初期不良品ではありますが、外気でキンキンに冷えております。

 松澤店長にも協力してもらい、セッティングを進めます。イッペイはどこまでスコアーを伸ばせるのでしょうか? 気になった方はぜひ本放送のアーカイブをご覧ください!

 また番組の最後には「週刊アスキー No.1262」を紹介!

週刊アスキー特別編集 週アス2020January (アスキームック)[Amazon]

 さらに「週刊アスキー特別編集 週アス2020January」も発売中なのでぜひご覧ください!

 それでは本放送のサンプル動画をどうぞ。


「総額125万円超えXeon超冷却OC!全コア5GHzで回せるのか!?」の放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!