ASCII倶楽部

このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第52回

リクナビ運営、意図的に規制回避か

2019年12月09日 09時00分更新

文● 小島寛明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、学生の同意なく内定を辞退する確率をスコア化し、企業に販売していた問題で、個人情報保護委員会が、サービスを利用した企業35社を行政指導した。

 同委員会が公表した指導対象企業のリストには、トヨタ自動車、JFEスチール、三菱商事、大和総研など、日本を代表する大企業が並んでいる。

 サービスを提供したリクルートキャリアだけでなく、サービスを受けた側の会社名も公表するのは異例の対応だ。

 同委員会の公表資料からは、リクルートキャリア側が意図的に、個人情報保護法の規制を免れようとした経緯が浮かぶ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!