このページの本文へ

週替わりギークス第129回

トヨタ社長「終身雇用難しい」発言から考える 副業の意味とは?

2019年06月25日 17時00分更新

文● 正能茉優 編集● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 読者の皆さま、こんにちは! 正能茉優です。

 今年度から2年間、内閣官房「まち・ひと・しごと創生会議」の有識者委員を拝命し、社会人になって初めてスーツを買いました! ハピキラでは自治体での案件もあるので、ジャケットを羽織る機会こそたまにありますが、スーツを着ることって、なかったんです。

出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201905/20mhs_sousei.html))

 実際に着てみてびっくりしたのは、なんだか背筋が伸びること。気合いを入れたい日のスーツ着用に、ハマってしまいそうな予感です(でも、スーツって、なかなかいいお値段するんですね。頑張って働かねば……。)

 さて、この連載では、働き方改革が進むこの時代、会社や組織に関係なく「個人」で新しい働き方を実現する方法や考え方について、書いています。

 今月のテーマは「キャリアの“のりしろ”」としての副業について。

トヨタ社長「終身雇用難しい」発言

 先日、ニュースでも話題になった、トヨタ自動車の豊田章男社長の「なかなか終身雇用を守っていくというのは、難しい局面に入ってきたのではないか」発言。

 終身雇用は、経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)も「企業から見ると、一生雇い続ける保証書を持っているわけではない。制度疲労を起こしている」と定例会見で発言されています。これまで、この日本社会に当たり前のように存在していた「終身雇用」という雇用スタンスが、今、大きく動こうとしているんです。

 ただ、そうは言っても、終身雇用を前提に働いている人が多いのが、今の日本。

 独立行政法人 労働政策研究・研修機構が、2016年に実施した「第7回勤労生活に関する調査」によると、1つの企業に長く勤めて管理的な地位や、専門家になるキャリアを望む人の割合は、50.9%と半数を超えると言います。

「望ましいキャリア形成」。

 とくに20代は、10年以上前の2007年調査では、年齢階層別で見ると、1つの企業で働くことを望む人の支持率が最も低かったのですが、2016年調査では54.8%と最も高くなっているそう。

「一企業キャリアの支持割合」(年齢別)。

 ここ数年、働き方改革が少しずつ進んできたとはいえ、やはりこれだけの割合の人が、企業に就職し、そのまま定年まで働き続けることを望んでいた(あるいは、そこまで考えていなかった)のに、いきなり「終身雇用はもう無理です」と言われても、正直困ってしまいますよね。

 我が家も、私自身は複数の仕事をしているのであまり気にならないものの、父も妹も会社員。きっと父は、終身雇用を前提に住宅ローンを組んでいるんだろうなあ……と考え込んでしまいました。

 しかも、働き方改革の文脈において、仕事でチャレンジして自己実現しようということを考えても、雇用される側の目線だけでいえば、「終身雇用」でベースとなる働き口の保証がありながら、もっとチャレンジしたい人は転職したり、起業したりする方が気が楽だったのに、とも思います(苦笑)。

 でも、そうもいかないわけです。思わぬ状況に直面した私たちは、どうすればいいのでしょうか。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!